「ネイマールは無関係」。父親が息子の詐欺容疑を否認

2016年02月04日(Thu)8時46分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ネイマール
裁判所に出廷したネイマール【写真:Getty Images】

 移籍オペレーションにおける違法・詐欺行為で訴えられているバルセロナFWネイマールの父親が、この事件に息子は全く関係がないことを強調した。3日付け『アス』が報じた。

 父親であり代理人も務めるネイマール氏(息子と同名)に加え、現バルセロナのジョセップ・マリア・バルトメウ会長、ネイマールの移籍を主導した元会長のサンドロ・ロセル氏は、ネイマールがサントスからバルセロナへ移籍の際の違法・詐欺行為で訴えられている。

 現地時間1日にはバルトメウ会長とロセル氏が、2日にネイマールと父ネイマール氏が裁判官への証言のため裁判所へ出頭していた。

 2時間半の尋問を終え出てきた父ネイマール氏は、報道陣に向かい移籍手続きに息子が関与したことはなく、息子は全く無関係だと主張した。

 さらに父ネイマール氏は、息子に巨額のオファーが届いていることも裁判官に明かしたという。

 なおネイマール、父ネイマール氏、バルトメウ会長、ロセル氏はブラジル検察からも書類偽造、脱税の罪で訴えられている。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top