本田、3度の直接FKのチャンスを迎えるも…いずれも味方にキッカー譲る

2016年02月08日(Mon)9時42分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

本田
本田はFKのチャンスを全て味方選手に譲ってしまった【写真:Getty Images】

 ミランは現地時間7日、セリエA第24節でウディネーゼとホームで対戦し、ホームで1-1の引き分けに終わった。

 日本代表FW本田圭佑はリーグ戦8試合連続の先発出場を果たしたが、ゴールはなかった。

 この試合で、ミランは直接フリーキックを狙える場面を3度迎えている。いずれも本田はシュートを狙う素振りは見せていたが、全て味方選手に譲っている。

 24分にはエムバエ・ニアンがシュートを狙うが、壁に当ててしまう。また、74分には本田自らがドリブル突破からファールを受けてフリーキックを得るが、この場面でもマリオ・バロテッリがキッカーを務めている。

 ミランはこの直後にも良い位置でフリーキックを得るが、これもバロテッリがシュートを打っている。

 本田といえば、昨シーズンのキエーヴォ戦でキッカーに名乗りを挙げていた味方選手を押しのけて完璧なフリーキックを叩き込んだシーンが印象的だ。

 今シーズンの本田は周囲の選手との連携面を重視しているが、無得点が続いているだけに、もう一度あのシーンの再現を観たかったファンも多かったかもしれない。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top