爆買い中国に元豪代表ケーヒルも苦言。「狂気だ。選手のためにならない」

2016年02月08日(Mon)18時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

元豪代表のティム・ケーヒル
元豪代表のティム・ケーヒル【写真:Getty Images】

 今冬数々のスター選手を獲得している中国クラブに、アジアの英雄が苦言を呈している。8日、イギリス『ロイター』が報じた。

 江蘇蘇寧が移籍金65億円でアレックス・テイシェイラ、ラミレス、ジョーのブラジル代表MFを獲得。広州恒大は移籍金55億円でジャクソン・マルティネスを獲得した。その他にもインテルのフレディ・グアリン、ローマのジェルビーニョも中国に参戦している。

 ケーヒルは「狂気だね。僕はこれが中国リーグにとって良いことかはわからない」とコメントしている。

「彼らは力を持った。誰かがほしいと思えば獲得し、いらないと思えば放出することができる」

 また、ケーヒルは「中国行きが選手のためになるか?ノーだ」と苦言を呈している。一方で、「中国という国を大きくすることの助けとなるだろうね」と語った。

 中国の移籍市場は2月26日まで開いている。さらなるビッグディールは実現するのだろうか。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top