チチャリートはいまだプレミアでも人気者? 2クラブが獲得に興味を示す

2016年02月11日(Thu)17時37分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

チチャリート
レバークーゼンのハビエル・エルナンデス【写真:Getty Images】

 レバークーゼンのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス・“チチャリート”は、いまだにプレミアリーグでも人気者のようだ。英紙『リバプール・エコー』によれば、リバプールとアーセナルが熱い視線を注いでいると伝えている。

 今季はドイツで公式戦29戦22得点とゴールを量産中。レバークーゼンでは欠かせない存在となっている。

 そんなチチャリートに、ユルゲン・クロップ、アーセン・ヴェンゲル両監督がチチャリートを高く評価しているという。

 チチャリートは2010/11に母国メキシコのチバス・グアダラハラからマンチェスター・ユナイテッドに加入。移籍後3シーズンはサー・アレックス・ファーガソン氏のもとで得点を積み重ねてきたが、13/14シーズンにデイビッド・モイーズ氏が就任すると苦戦が続き、レアル・マドリーへと期限付き移籍した。

 今季からユナイテッドに復帰したが、ルイス・ファン・ハール監督体制でもフィットできず、ドイツへと活躍の舞台を移すこととなった。

 ユナイテッド時代は少ない出場時間でもスーパーサブ的な役割でゴールを量産したチチャリート。その姿を再びプレミアで見ることができるだろうか。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top