全タイトル獲得へ。終焉へと向かうペップ・バイエルンが見せ始めた“完成形”

DFBポカール準々決勝、バイエルンはアウェイでボーフムと対戦。3-0で完勝となったこの一戦で、今季で退任を表明しているペップ・グアルディラ監督が作り上げたチームの完成形が見られた。

2016年02月12日(Fri)12時41分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

カップ戦のタイトル獲得へ発揮した“ペップ・バイエルンらしさ”

ジョゼップ・グアルディオラ
ジョゼップ・グアルディオラ監督【写真:Getty Images】

 ペップ・バイエルンの終わりが近づいている。2015年12月20日、バイエルン・ミュンヘンは公式HP上で、監督ペップ・グアルディオラとの2016年6月までの契約を延長しないことを発表した。

 後任には7月1日からカルロ・アンチェロッティが就任する。グアルディオラがバイエルンを率いるのは、残すところ約4ヶ月となった。ペップが去ることは決まっているが、バイエルンが全てのタイトルを獲りに行くことに変わりはない。

 退任の発表の際に、代表取締役社長のカール=ハインツ・ルンメニゲは「ペップがFCバイエルンを去ると決まった今、ペップとチームがスポーツ面での大きな目標達成のために、より一層集中して努力すると確信している」とのコメントを出した。

 そんな中でバイエルンは2月10日、「スポーツ面での大きな目標達成のために」、DFBポカールの準々決勝をアウェイでボーフムと戦う。

 ペップ・バイエルンはDFBポカールのタイトルを、1年目となった13/14シーズンは獲得したが、2年目の昨シーズンは準決勝でドルトムントに敗れて取り逃がした。カップ戦のタイトルは、今季は誰もが掴みたがっているのだ。

 2月の寒さと熱気が入り交じったレヴィアパワー・シュタディオンで、バイエルンが見せたのは、何より“ペップ・バイエルンらしさ”だった。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top