松本山雅FC、力の差を痛感したJ1での経験を糧に。熱いサポーターと共に再出発【2016補強診断】

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は1年でJ2へ逆戻りとなった松本山雅FCを占う。

2016年02月13日(Sat)9時01分配信

text by 編集部
Tags: , , , , ,

厳しい現実を突きつけられた昨季

 松本山雅FCは昨季、クラブ史上初のJ1昇格を果たした。地域リーグから着々とカテゴリーを上げていき、熱いサポーターにも恵まれたが、夢舞台では厳しい現実を突きつけられた。

 反町康治監督のもと、ブロックを形成して守備を固め、カウンターから少ないチャンスを活かすサッカーを突き詰めてきたが、それだけではJ1で通用しないことが改めて浮き彫りとなった。

 7連敗を喫するなど相手との実力差は大きかった。シーズン途中に即戦力を補強し、状況の打開を図ったものの、一度狂った歯車を元に戻すことは容易ではなかった。

 1stステージ、2ndステージ共に15位と低迷し、年間16位でシーズンを終えた。初めてのJ1は苦い記憶となってしまった。

2016シーズン 戦力入れ替え

松本入れ替え2016

1 2

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top