清水エスパルス、サッカー王国復活へ大事な1年。J2降格という悲劇を良薬とできるか【2016補強診断】

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回はクラブ史上初のJ2を戦う清水エスパルスを占う。

2016年02月14日(Sun)9時02分配信

text by 編集部
Tags: , , , , ,

監督交代も事態は好転せず

“サッカー王国”の名門は昨季、クラブ史上初となるJ2降格を余儀なくされた。大榎克己監督体制では選手個々の能力を活かした攻撃的なサッカーを目指すも全く勝てず。攻撃は機能せず、相手の反撃をモロに受けた守備陣は完全に崩壊。

 夏には監督交代に踏み切り、田坂和昭コーチを昇格させた。守備の建て直しを図ったものの、細かいミスは最後まで散見された。そして、次第に攻撃の形も失われ、チームは抜け出せない迷路の中で喘ぎ続けることに。結局、浮上のきっかけすら見出せないまま17位で降格となった。

 新監督には、昇格請負人と呼ばれる小林伸二氏が就任。J1で戦えるチーム作りを進めながら、昇格を目指す。

2016シーズン 戦力入れ替え

清水入れ替え2016

1 2

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top