蘭2部で奮闘するサムライ、逆境をバネにチャンス掴めるか。夢の五輪出場へ信じるは努力のみ

オランダ2部のドルトレヒトで奮闘するファン・ウェルメスケルケン・際は、気温1℃の寒空の下で黙々とウォーミングアップを続けていた。人生で一度しかないオリンピック出場のチャンスを掴むため、若きサムライはアピールに燃えている。

2016年02月14日(Sun)12時02分配信

text by 舩木渉 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

6試合連続ベンチスタートも腐らずひたむきに努力

ドルトレヒトのファン・ウェルメスケルケン・際
ドルトレヒトで奮闘するファン・ウェルメスケルケン・際【写真:Getty Images】

 オランダ2部のドルトレヒトで奮闘するファン・ウェルメスケルケン・際は、気温1℃の寒空の下で黙々とウォーミングアップを続けていた。12日のフォルトゥナ・シッタード戦はベンチスタートだった。ウィンターブレイクが明けてから6試合連続で先発を外れている。

 それでもひたむきに努力を続ける際に監督から声がかかる。序盤はシッタードを押し込み開始10分で先制したドルトレヒトだったが、31分にヨルディ・フルーヘルスが一発レッドで退場を宣告される。さらにPKで同点にされると、数的不利の影響もあり劣勢に立たされていた。そんな状況で58分から途中出場した際は、本職でない中盤の攻撃的なポジションに入って相手の屈強なDFとぶつかり合った。

 結局ドルトレヒトは悪い流れを断ち切れず、後半アディショナルタイムにセットプレーからのカウンターでゴールを奪われるなど3失点で敗れた。しかしハリー・ファン・デン・ハム監督が切った交代カードは際の1枚のみ。そこからも指揮官の信頼がうかがえる。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top