キス魔、“いちもつ”披露、記者を“罵倒”。話題に事欠かないファン・ハールの奇行5選

2014/15シーズンからマンチェスター・ユナイテッドを率いるも、なかなか思うような成績が残せていないルイス・ファン・ハール監督。アヤックス、バルセロナ、バイエルンと並み居る強豪クラブを率いてきた同監督だが、これまでピッチ内外で数多くの“珍”伝説を残してきた。今回はそれらのうち5つのエピソードを紹介する。

2016年02月16日(Tue)10時32分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

もはや狂気の沙汰。選手の前でパンツを脱ぐ

選手たちに“いちもつ”を披露したと言われるファン・ハール【写真:Getty Images】
選手たちに“いちもつ”を披露したと言われるファン・ハール【写真:Getty Images】

 バイエルンを率いていた際、「ビッグネームを交代させるほどの器がない」と批判されたファン・ハール監督は、驚くべき方法で自らの度胸を示した。

 試合後のロッカールームで選手達の前でパンツを脱いでみせたのだ。当時バイエルンに所属していた元イタリア代表FWルカ・トーニはその時の様子を振り返り、「それだけの“タマ”があることを証明するためにパンツを脱いだ。僕は幸いにも前にいなかったから、何も見なくて済んだけどね」と語っている。

 ファン・ハール監督は当時のことを否定しているようだが、もし事実であれば、もはや狂気の沙汰としかいいようがない。

1 2 3 4 5

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top