闘病中のクライフ氏、メッシのトリックPKに感動「とても興奮した」

2016年02月17日(Wed)0時11分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

リオネル・メッシ
トリックPKでスアレスのゴールをお膳立てしたリオネル・メッシ【写真:Getty Images】

 肺癌により病院で入院しているヨハン・クライフ氏が、バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシのトリックPKに感動したようだ。15日にスペイン紙『アス』が報じている。

 バルセロナは現地時間14日にセルタ・デ・ビーゴをホームに迎えて対戦。28分にメッシ自らがゴールを決めて先制すると、前半終了間際に追いつかれたものの、ルイス・スアレスのゴールで再び勝ち越す。

 そして、81分にPKのチャンス。助走をつけてメッシがそのままシュートを放つかに思われたが、横に軽く流し後ろから走りこんできたスアレスがゴールを決めた。スアレスはこの日3点目となりハットトリックを達成し、バルセロナは6-1でセルタを下した。

 この場面をTVで見ていたクライフ氏は「興奮した。とてもワクワクした」と語っている。クライフ氏も1982年の現役時代にトリックPKを披露して会場を沸かせていた。それを彷彿とさせるメッシのトリックPKを見たことで、興奮を覚えたのかもしれない。

 このトリックPKの元祖はリック・コッペンスという名前の選手で、1957年に行われたベルギー対アイスランドの試合で見せていた。50年以上も前から、このような形のPKが存在しているようだ。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top