マンUサポ、アウェイチケット代の高騰に怒り。ELミッティラン戦で抗議へ

2016年02月17日(Wed)12時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

マンチェスター・ユナイテッド
マンチェスター・ユナイテッドのサポーター【写真:Getty Images】

 マンチェスター・ユナイテッドは現地時間18日にヨーロッパリーグ(EL)ベスト32・1stレグでデンマークのミッティランと対戦する。

 ユナイテッドにとってはアウェイで行われる一戦だが、アウェイチケットの値段が問題となっている。英紙『デイリー・エクスプレス』が伝えている。

 この試合でユナイテッドサポーターに向けて販売されたアウェイチケットは、71ポンド(約1万1570円)だというのだ。

 ミッティランは今季のELプレーオフで同じくプレミアリーグのサウサンプトンと対戦しているが、その際のアウェイチケット価格は22ポンド(約3586円)と3分の1以下の料金だった。

 これに対して、一部のユナイテッドサポーターはミッティラン戦に向けて「ようこそスカンジナビアへ」と書かれたバナーを掲げ、抗議行動を取る意向のようだ。

 この状況に、ユナイテッドのファン雑誌を手掛けるアンディ・ミッテン氏は「ELで71ポンドなんて法外だ。ミッティランは、ユナイテッドのファンがサウサンプトンのファンよりも3倍裕福だとでも思っているのか?」と苦言を呈している。

 なお、ユナイテッドはこの件についてUEFAに抗議をしたようだが、返答はなかったという。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top