香川も度肝抜かれたトゥヘルの采配。355日ぶりのシャヒン先発が示した“BVBの進化への飢え”

ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド32、1stレグにおいて香川真司の所属するドルトムントはポルトと対戦。試合はホームのドルトムントが2-0で勝利。しかし、結果以上に周囲を驚かせたのがヌリ・シャヒンの355日ぶりとなる先発起用だった。

2016年02月19日(Fri)11時14分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , ,

フットボール・インテリジェンスの高さを示したシャヒン

香川真司
香川真司【写真:Getty Images】

 誰もが度肝を抜かれた。ヌリ・シャヒンが先発に名を連ねたのだ。2016年2月18日、ヨーロッパリーグのラウンド32=ボルシア・ドルトムント対FCポルトの試合が始まるおよそ1時間前のことだった。メンバー表の11人の中に、確かにシャヒンの名前がある。

 前日の17日の会見でBVBの監督トゥヘルは「ロマン・バイデンフェラー、ヌリ・シャヒン、イルカイ・ギュンドアンは少し体調を崩している。今日の練習には恐らく参加しない。明日の試合への出場は疑わしい状況だ」と説明していた。

 シャヒンの先発について、試合後に香川は「正直、びっくりしました」と話した。そしてそれは香川だけではないだろう。トゥヘルを除く誰もが驚いたのではないだろうか。遂にシャヒンはピッチに戻ってきた。実に355日ぶりのことである。

 試合でシャヒンは基本的にバイグルとツー・ボランチを組んだ。積極的にスペースに顔を出してボールを引き出し、正確にパスを捌いた。生粋の「6番」として、短く、長くボールを蹴った。存在は頼もしい。

 香川が「まだ1試合目だから、これからもっと上がってくると思います」と言うように、まだ本調子には遠い。6分と、早い時間帯にピシュチェクが先制に成功したことも、プレーに余裕をもたらしたところもあるかもしれない。それでもトゥヘル体制では初めて公式戦でプレーすることを考えれば、そのフットボール・インテリジェンスの高さを改めて示す格好となった。

 トゥヘルは「ヌリはスーパーだった」と言う。

「彼は常に油断がなく、パスは上手く、知性に溢れ、我々が数的優位を持てるスペースへの直感が上手く働いたね」

1 2

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top