ドルトムント戦で歴史的珍事。主審が試合をボイコットした理由は監督の猛抗議!?

2016年02月22日(Mon)1時53分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

フェリックス・ツヴァイアー
自身の退場を告げるツヴァイアー主審【写真:Getty Images】

 現地時間21日に開催されたブンデスリーガ第22節レバークーゼン対ドルトムントで前代未聞の歴史的珍事が起きた。

 ドルトムントがピエール=エメリク・オーバメヤンのゴールで先制した直後の65分、突如フェリックス・ツヴァイアー主審が審判団を引き連れて控え室へと引き揚げていった。これにより試合は約10分間中断し、その後無事再開している。

 審判による”ボイコット”には理由がある。オーバメヤンのゴール直前のプレーがシュテファン・キースリンクのファウルでなかったこと、かつマティアス・ギンターのリスタートの位置がふさわしくなかったと指摘してマルティン・シュミット監督が主審に猛抗議していた。

 ドルトムントの地元ルール地方の有力紙『ルール・ナハリヒテン』のマティアス・デルシュ記者は自身のツイッターで、猛抗議したレバークーゼンのシュミット監督が退席処分に応じず、ツヴァイアー主審が激怒したためボイコットが起きたと見解を述べている。実際に監督の言づてをキースリンクが主審に伝えるような場面があった。

 一度控え室に戻った審判団はレバークーゼンのルディ・フェラーSD(スポーツディレクター)による説得を受けて試合再開を決断し、ロッカールームに下がっていた選手たちも無事ピッチへ向かった。中止という最悪の展開は避けられたが、主審自ら”退席”する前代未聞の事態はファンの記憶に深く刻まれ、長く語り継がれるだろう。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top