岡崎の同僚マハレズに思わぬ誕生日プレゼント!? バルサが獲得に関心

2016年02月22日(Mon)8時32分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

マハレズ
レスター・シティのリヤド・マハレズ【写真:Getty Images】

 レスター・シティのリヤド・マハレズに思わぬ誕生日プレゼントが届いたようだ。21日に25歳の誕生日を迎えたアルジェリア代表MFリヤド・マハレズに、バルセロナが興味を抱いていると、英紙『デイリー・ミラー』が伝えている。

 マハレズはここまで14得点10アシストを記録しており、今季のプレミアリーグで首位に立つ躍進を見せるレスターの原動力のひとりでもある。岡崎慎司のプレミア初ゴールをアシストしたのもマハレズだった。

 レスターとマハレズは昨年8月に2019年まで契約を延長したばかりだが、バルセロナは2500万ポンド(約40億7500万円)の移籍金を用意しているという。

 フランス・リーグ2(2部)のル・アーブルでデビューしたマハレズは、現在横浜F・マリノスで指揮を執るエリック・モンバエルツ監督のもとでもプレーした。

 しかし、一度も1部リーグでプレーすることはなく、2013/14シーズン途中に当時チャンピオンシップ(2部)だったレスターに加入することに。それでも、シーズン後半戦で3得点5アシストを記録してプレミア昇格に貢献し、自身初の欧州主要トップリーグとなった昨季は30試合で4得点3アシストという成績を残している。

 そして、今季は周囲の予想を超える快進撃を見せるレスターの中心選手に君臨している。数年前までアマチュアリーグでプレーしていたジェイミー・ヴァーディーの“シンデレラストーリー”が話題となっているが、マハレズもここ数年で飛躍的な進化を遂げた選手でもある。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top