甲府、主力流出を止められず。佐久間体制2年目は継続路線も一歩間違えば崩壊の危険性【2016補強診断】

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、昨季年間13位に終わったヴァンフォーレ甲府を占う。

2016年02月22日(Mon)15時27分配信

text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

シーズン序盤最下位も監督交代でカムバック

 城福浩監督からバトンを受け取った樋口靖洋監督は、いちからチーム戦術の構築を試みたが、その結果チームは最下位に沈む。佐久間悟GMはすぐに解任を決断し、自らが現場に立って再建に挑んだ。

 途中加入のバレーが救世主となり、なんとか遅れを取り戻した甲府は3年連続でJ1残留を決めた。しかし、J1最少規模の予算では選手を引き止めきれず今季も主力が大量に流出。新戦力には未知数な部分もあり、厳しい戦いを強いられそうだ。

2016シーズン 戦力入れ替え

甲府入れ替え2016

1 2 3 4

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top