バイエルン、CB全滅は新たな可能性のチャンス? ペップ流を極める“0バック”誕生か

チャンピオンズリーグ(CL)ベスト16でユベントスと対戦するバイエルン・ミュンヘンだが、現在センターバック陣に故障者が相次いでいる。しかし、ジョゼップ・グアルディオラ監督に焦る様子はない。究極のポゼッションサッカーを目指す指揮官にとって、“0バック”は新たな可能性を拓くチャンスともいえる。

2016年02月23日(Tue)12時08分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

中盤のキミッヒ、SBのアラバがCBを務める

ジョゼップ・グアルディオラ
ジョゼップ・グアルディオラ監督【写真:Getty Images】

 そして誰もいなくなった。2016年2月13日のトレーニングで、ホルガー・バドシュトゥバーが足首の関節を骨折する。およそ3ヶ月の離脱となった。

 既にジェローム・ボアテングは戦列を離れている。1月22日の後期開幕戦、ハンブルガーSVとの試合で左脚の内転筋を負傷した。現在は4月中のトレーニング復帰を目指している。

 1月29日にはハヴィ・マルティネスが練習中に半月板を損傷した。今冬の移籍市場で獲得したザーダール・タスキは、合流直後の練習でローデと接触、軽い脳震盪を起こしていた。またメディ・ベナティアは、1月には個別のトレーニングに取り組んでいるが、本格的には復帰していない。

 2月14日のFCアウクスブルク戦を前に、バイエルン・ミュンヘンからは、主軸となるCBが1人もいなくなってしまったのだ。そして監督ペップ・グアルディオラはDFラインを急ごしらえする。

 右SBラーム、右CBキミッヒ、左CBアラバ、左SBベルナト、である。ボランチが本職のキミッヒは、6日のレバークーゼン戦からCBに入り、そして隣に並んだのは、SBが本職のアラバだった。

 言わば“0バック”とも言える布陣で、バイエルンはアウクスブルクに挑んだ。86分にキミッヒがボバディージャに振り切られて1失点したが、3-1で勝利する。

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top