「退場はお前だ!」。選手が主審にレッドカードを“逆提示”

2016年02月23日(Tue)12時44分配信

photo Getty Images
Tags: , ,

トラブゾンスポル
選手が主審に対してレッドカードを提示【写真:Getty Images】

 トルコでなんとも珍しい事件が起きた。退場を言い渡された選手が主審に向けてレッドカードを提示したのだ。英局『BBC』などが伝えている。

 トラブゾンスポルは現地時間21日にガラタサライと対戦したが、試合は大荒れとなっていた。すでに2人の退場者を出していたトラブゾンスポルだったが、事件は起きた。

 判定に納得できないトラブゾンスポルの選手たちは、主審のデニス・ビツェル氏を囲んで猛抗議。その際、ビツェル主審は誤ってレッドカードをピッチに落としてしまった。

 それを拾ったサリフ・ドゥルサンはなんとそのレッドカードを拾い上げ、ビツェル主審に対して“逆提示”したのだ。当然そのレッドカードはビツェル主審に没収され、今度はドゥルサンにレッドカードが提示されてしまいトラブゾンスポルは8人となってしまった。

 さらに、その後ビツェル主審は元ラツィオのDFペドロ・カヴァンダにもレッドカードを提示し、トラブゾンスポルは最終的に7人で試合を終えている。なお、試合は7人になった直後にガラタサライが勝ち越しゴールを決めて勝利している。

 しかし、トラブルはピッチ内だけにとどまらなかった。トラブゾンスポルのサポーターグループはレッドカードに見立てた赤い紙を街中で掲げ、ビツェル主審の判定に抗議する姿勢を示した。

 トラブゾンスポルのムハレム・ウスタ会長は、「これはトルコサッカー界からのメッセージだ。我々は恥をかいた、というね。ドゥルサンはトルコサッカー界にレッドカードを提示したんだ。反抗の象徴ではなく、復活の象徴だ」と述べている。

▼選手が主審にレッドカードを提示するシーン

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top