岡山、安定感のある守備を活かし、攻撃力アップを目指す。新加入組に期待【2016補強診断】

フットボールチャンネルでは、Jリーグ開幕に向けて、Jクラブの補強動向を診断していく。今季の目標に向けて、効果的な補強を行うことができたクラブはどこなのか。今回は、昨季11位に終わったファジアーノ岡山を占う。

2016年02月23日(Tue)16時01分配信

text by 編集部
Tags: , , ,

守備は安定。課題は得点力

 2015年、ファジアーノ岡山は岩政大樹、加地亮という元日本代表2選手を獲得し大きな話題を集めた。世界を相手に戦ったベテランの経験は得難い力となったが、チームは11位でフィニッシュしている。

 守備は35失点でリーグ3位の少なさと一定の成果を残した。しかし、攻撃に目を移すと40得点に終わっているようになった。これは15位タイの数字で、今季の課題となりそうだ。チームとして相手にゴールを与えないという戦いは高いレベルで維持できるようになったが、セットプレーのバリエーションを増やすなど得点パターンも確保したいところだ。

2016シーズン 戦力入れ替え

岡山入れ替え2016

1 2

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top