上海上港の監督、将来の中国代表に期待「W杯で優勝を争う国になっている」

2016年02月24日(Wed)0時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

スベン・ゴラン・エリクソン監督
上海上港を率いるスベン・ゴラン・エリクソン監督【写真:Getty Images】

 中国スーパーリーグの上海上港を率いるスベン・ゴラン・エリクソン監督が、数十年後に中国代表がW杯で優勝を争う国になっていると予想した。23日に仏紙『レキップ』が報じている。

 エリクソン監督はローマやフィオレンティーナなどを率いた後、2001年にイングランド代表の監督に就任。2002年に行われた日韓W杯や2006年のドイツW杯でチームをベスト8に導いた。

 その後、マンチェスター・シティやレスター・シティなど、多くの国やクラブを率いるなどして経験を積み、2015年から上海上港を率いている。

 中国スーパーリーグのクラブは、今冬に欧州から多くの外国人助っ人選手を獲得していた。そのため、エリクソン監督は中国サッカー全体のレベルが上がると考えているようだ。

「10年、または15年で中国代表が優勝を争う国になっていると確信しているよ。中国の将来は明るいように見えるんだ。2000年代は、多くの選手がプレミアリーグに行きたがっていた。今では多くの選手が中国に来ている。これは中国サッカーにとって素晴らしいことだよ」

 中国代表はこれまでにW杯本大会出場を果たしたのは2002年大会だけとなっている。2018年ロシアW杯に向けたアジア二次予選でも敗退の危機に直面しており、日本や韓国との力の差は広がるばかりだ。しかし、リーグ全体のレベルが上がることで今後、中国代表の強化にもつながるかもしれない。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top