Jリーグ、今年から一部試合で追加副審を導入へ。PA内の正確な判定を目的に

2016年02月24日(Wed)12時08分配信

photo Getty Images
Tags: , ,

追加副審
Jリーグでも一部試合で追加副審が導入される写真【写真:Getty Images】

 Jリーグは24日、2016シーズンから新たな追加副審を導入することを決定した。

 追加副審は、主審とラインズマンに加え、ゴール横でペナルティエリア内のプレーを中心に判定する審判員である。セリエAや欧州チャンピオンズリーグ(CL)などの大会では採用されている。

 また、追加副審は『コミュニケーションシステム』と呼ばれる無線機で主審とコミュニケーションを取り、ピッチ内でりプレーを報告する。

 導入されるのは、ヤマザキナビスコカップ準決勝と決勝、Jリーグチャンピオンシップ全試合、天皇杯準決勝と決勝の一部の試合のみで、その他のリーグ戦では導入されない。

 先日行われたゼロックススーパーカップでは、ガンバ大阪の丹羽大輝がハンドの判定でサンフレッチェ広島にPKが与えられたが、映像ではボールは丹羽の顔面に当たっていたことから、PKの判定には物議を呼んでいた。

 追加副審の導入により、このような事態を避けられるきっかけになりそうだ。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top