香川、トップ下での苦労を吐露「中途半端だと、自分の良さ発揮しにくい」

2016年02月26日(Fri)11時34分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

香川真司
先発フル出場した香川真司【写真:Getty Images】

【ポルト 0-1(0-3)ドルトムント EL決勝T1回戦2ndレグ】

 ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグが現地時間の25日に行われ、日本代表MF香川真司が所属するボルシア・ドルトムントはアウェイでポルトと対戦。香川は4-2-3-1のトップ下として先発、フル出場した。

 アウェイでも勝利し、難敵ポルトを下してベスト16進出を決めたドルトムント。しかし、試合後に取材に応じた香川は満足している様子はなく、報道陣に不満を語った。

「ここのトップ下は難しいですね、正直。自分というよりは、一発でサイドから、個の力で突破する場面が多い。なかなかトップ下の役割という意味では、難しさは感じています」

 逆転を狙うポルトは前半から厳しいプレスを仕掛けてきた。ドルトムントのトゥヘル監督は「GKからつなげ」(香川)と指示を出していたが、上手くいかなかった。

「想像以上にプレスが早かった。そういうなかで(つながずに)蹴っちゃって、というのを繰り返した。もう少しサイドで自由に待っていたり、それか直接ゴールを狙うだけの意識をしないと。中途半端にやっちゃうと、結局厳しいところでボールを受けざるを得ない。なかなか自分の良さを発揮しにくいところもある」

 香川のコメントからはチーム全体のパフォーマンスが良くなかったことが読み取れる。「お互いのコミュニケーションはとれていなかった」と香川も認めている。

 トゥヘル体制となったドルトムントは発展途上のチームだ。好調を維持してはいるがスタメンも定まっているわけではない。香川も安泰ではなく、先日のレバークーゼン戦ではベンチを温めた。成長するチームのなかでは、厳しい競争を勝ち抜かなくてはならない。

【得点者】
23分 0-1 オウンゴール(ドルトムント)

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top