ユーベ、イタリアダービーで完勝! 長友出番なしのインテルに2-0勝利

2016年02月29日(Mon)6時42分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ユベントスのレオナルド・ボヌッチ
イタリア・ダービーを制したユベントス【写真:Getty Images】

【ユベントス 2-0 インテル セリエA 第27節】

 イタリア・セリエA第27節が現地時間の28日に行なわれ、ユベントス対インテルの“イタリア・ダービー”が開催された。

 ユベントスはキエッリーニが負傷から復帰。3-5-2に布陣を戻す。インテルの指揮官ロベルト・マンチーニ監督はユベントスに合わせて3-5-2を選択。両ウイングバックにダンブロージオとA・テレスを起用し、長友はベンチスタートとなる。

 両チームのスターティングメンバーは以下。

【ユベントス:3-5-2】
GK:ブッフォン
DF:バルザーリ、ボヌッチ、キエッリーニ
MF:リヒトシュタイナー、ケディラ、エルナネス、ポグバ、A・サンドロ
FW:ディバラ、マンジュキッチ

【インテル:3-5-2】
GK:ハンダノビッチ
DF:ムリージョ、ミランダ、J・ジェズス
MF:ダンブロージオ、F・メロ、メデル、コンドグビア、A・テレス
FW:イカルディ、パラシオ

 前半からポゼッションはユベントス。開始早々の6分にはエルナネスが強烈なミドルシュートを放つも、ここはインテルのGKハンダノビッチが指先でコースを変える好セーブをみせる。

 インテルは前半を終わって1本もシュートを放つことができない。一方のユベントスは36分に復帰したばかりのキエッリーニが負傷によりDFルガーニとの交代を余儀なくされる。

 迎えた後半、ユベントスが47分に先制する。ダンブロージオがヘディングで痛恨のクリアミスを犯すと、ボヌッチが至近距離でボレーを叩き込んだ。

 84分にはディバラと替わって途中出場を果たしたモラタがPKを獲得。これを自分自身で決めて追加点を奪った。そのまま試合は2-0で終了。ユベントスが宿敵相手に完勝を見せつけ、セリエA首位を堅持している。

【得点者】
47分 1-0 ボヌッチ(ユベントス)
84分 2-0 モラタ(ユベントス)

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top