マンUの“超新星”マーカス・ラッシュフォードについて知るべき5つのこと

2016年02月29日(Mon)18時34分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ラッシュフォード
ユナイテッドで鮮烈なデビューを飾ったマーカス・ラッシュフォード【写真:Getty Images】

 マーカス・ラッシュフォードはアーセナル戦で2得点を決めたことで、マンチェスター・ユナイテッドの選手としての夢のようなひと時が続けている。

 18歳のラッシュフォードは、2得点を決めたヨーロッパリーグのミッティラン戦でプロキャリアをスタートさせ、3日後に初めてプレミアリーグで先発出場を果たした。ユナイテッドで39番を背負うラッシュフォードについて知るべき5つのことをご紹介したい。

【1】1997年のハロウィーンに生まれる

 ラッシュフォードは1997年の10月31日、マンチェスターで生まれた。それは、ルイス・ファン・ハール監督がアヤックスを離れてバルセロナの監督に就任してから数ヶ月後のことだ。

【2】ユースでは地元のローカルクラブでプレー

 ラッシュフォードは、地元のローカルクラブであるフレッチャー・モス・レンジャーズでプレーしていた。そのクラブでは、ダニー・ウェルベックやラベル・モリソンなどを輩出している。現在ユナイテッドに在籍しているキャメロン・ボースウィック=ジャクソンとタイラー・ブラケットもまた同様である。

【3】U-18チームでは点取り屋として評価

 昨季のユナイテッドのU-18チームで25試合の先発で13得点を決めている。それも、クラブのリザーブチームのデビューしたのは、18歳になる1ヶ月前だった。

【4】UEFAユースリーグのデビュー戦でも2得点

 UEFAユースリーグのPSV戦で、アカデミーでコーチを務めるニッキー・バットからキャプテンマークを任されている。アウェイで行われた試合で、ラッシュフォードは2得点を決めて3-0の勝利に貢献している。

【5】トップチームのメンバー入りの経験も

 11月21日のワトフォード戦、翌週のレスター・シティ戦でもメンバー入りを果たしている。しかし、ピッチに出ることはなかった。

【了】

(※)本記事はINDEPENDENT紙との独占契約により、記事全文を翻訳しております。

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top