香川はベンチスタートか。“欧州ベスト5”ダルムシュタット戦、注目は遅咲きFWの空中能力

ブンデスリーガ第24節、ドルトムントはアウェイでダルムシュタットと対戦する。ダルムシュタットは現在14位に位置しているが、とあるデータでは欧州5大リーグでベスト5に食い込む記録を残している。そして、それを支えるのが28歳にしてブレークした遅咲きFWサンドロ・ワーグナーだ。

2016年03月02日(Wed)12時38分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , ,

1ページ目 小見出し

ギャレス・ベイル
2月25日現在でワーグナーを上回るのは、マドリーのガレス・ベイルのみ【写真:Getty Images】

 2016年2月25日の時点でSVダルムシュタットは、欧州の5大リーグでベスト5に入っている。25日付の『キッカー』誌に記載のデータによれば、スペイン、イングランド、イタリア、フランス、ドイツの5大リーグの中で、ダルムシュタットを上回るクラブは4チームしかない。順にレアル・マドリー、ASモナコ、アスレティック・ビルバオ、FCサウサンプトンだ。

 3月2日のブンデスリーガ第24節、ボルシア・ドルトムントは、アウェイでダルムシュタットと戦う。

 レアル・マドリーに始まるランキングは、財政規模や走行距離のデータではない。さらに限定的なもので、「今季のヘディングによる得点数」を並べたものだ。具体的な数字は、マドリーが「14」、モナコが「13」、ビルバオが「12」、サウサンプトンが「11」、そしてダルムシュタットが「10」得点を記録している。

 ブンデスリーガでは14位のダルムシュタットが、錚々たる顔ぶれの中に食い込んでいるのは、サンドロ・ワーグナーの働きに依るところが大きい。バイエルン・ミュンヘンの下部組織で育ち、2009年のU-21欧州選手権ではドイツ代表としてメスト・エジルらとともに優勝経験もあるFWは、今季の9ゴールの内、5得点をヘディングで記録している。

 選手別に「今季のヘディングによる得点数」を見れば、2月25日現在でワーグナーを上回るのは、マドリーのガレス・ベイルのみである。ベイルが「7」得点、ワーグナーが「5」、アーセナルのオリヴィエ・ジルーが「5」、同じくダルムシュタットのアイタック・スルが「4」、またエバートンのロメル・ルカクやクリスティアーノ・ロナウドも「4」得点となっている。

1 2

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top