冬の高額移籍選手トップ10。中国クラブが“爆買い”で上位を独占【編集部フォーカス】

2月26日をもってクローズされた中国の移籍マーケット。今冬は中国のクラブが“爆買い”で市場を席巻することとなった。今回は、2015-16シーズン冬の移籍市場で移籍した選手のうち、移籍金が高額だった選手10人を紹介する。(移籍金は1ユーロ125円で計算)

2016年03月03日(Thu)11時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

10位:アンドロス・タウンゼント(ニューカッスル)

ニューカッスルに移籍したアンドロス・タウンゼント
ニューカッスルに移籍したアンドロス・タウンゼント【写真:Getty Images】

【ポジション】
MF

【移籍元と移籍先】
トッテナム→ニューカッスル

【移籍金】
1570万ユーロ(約19億6250万円)

 今年1月にトッテナムからニューカッスルへ移籍金1500万ユーロ(約18億8000万円)で完全移籍を果たした24歳のイングランド代表MFアンドロス・タウンゼント。トッテナムの下部組織で育ち、トップチームに昇格後はワトフォードやリーズ・ユナイテッド、バーミンガムやクイーンズ・パーク・レンジャーズ(QPR)など9クラブにレンタル移籍して経験を積んだ。

 そして今回は完全移籍という形でニューカッスル入りを果たしている。U-16からU-21までの各世代別イングランド代表として活躍し、2013年10月に行われたモンテネグロ戦で代表デビューを果たした。現在までに通算9試合に出場し3得点を決めている。24歳ながら経験は豊富で、18位に沈むニューカッスルにとって大きな戦力となりそうだ。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top