リバプール、土壇場PKでC・パレスに逆転勝利! 苦戦しながらも2連勝

2016年03月07日(Mon)0時29分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ロベルト・フィルミーノ
同点ゴールを決めたロベルト・フィルミーノ【写真:Getty Images】

【クリスタル・パレス 1-2 リバプール プレミアリーグ第29節】

 プレミアリーグ第29節が現地時間6日に行われ、リバプールはアウェイでクリスタル・パレスと対戦。C・パレスに先制されるもロベルト・フィルミーノなどのゴールで逆転し2-1の勝利をおさめている。

 前節のマンチェスター・シティ戦では3-0の快勝をおさめて勝ち点3を積み上げたリバプール。今節は下位に沈むC・パレスとの対戦とあって、連勝を記録したい一戦となった。

 前半からお互いにチャンスを作る。前半終盤はC・パレスのペースで試合が進むも得点は決まらず、0-0で前半を折り返した。後半に入ってもC・パレスの勢いは続く。すると49分、コーナーキックからのこぼれ玉をジョー・レドリーが押し込みC・パレスが先制に成功する。

 追いかける展開となったリバプールは反撃を開始したところだったが、61分にジェームズ・ミルナーが2枚目のイエローカードを貰い退場し1人少ない状況となった。

 それでも72分、リバプールに思わぬ形でチャンスが訪れる。C・パレスのGKアレックス・マッカーシーが味方のバックパスを前線に向けて大きく蹴り出そうとしたところ、軸脚が乱れて転んでしまう。

 上手く蹴りだすことができなかったボールはロベルト・フィルミーノの足元に流れ、それをきっちりとゴールに決めたリバプールが同点に追いついた。さらに後半アディショナルタイム、ペナルティエリア内でリバプールの選手が倒されたとしてPKの判定に。

 このPKをクリスティアン・ベンテケが冷静にゴールに流し込み勝ち越しに成功した。そのまま試合は終了し、リバプールが2-1の勝利をおさめている。

 リバプールとしては、数的不利な状況になりながらも連勝を記録することに成功した。次節、リバプールは20日にサウサンプトンのホームに乗り込んで対戦する予定だ。

【得点者】
49分 1-0 レドリー(C・パレス)
72分 1-1 フィルミーノ(リバプール)
96分 1-2 ベンテケ(リバプール)

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top