「守備からの一気呵成」。レギュラー定着へ、宇佐美が思い描くイメージ【代表現場レポート】

日本代表はW杯アジア2次予選を前に国内で候補合宿を行っている。宇佐美貴史はヴァイッド・ハリルホジッチ監督就任以降、全試合に出場しているが先発定着には至っていない。しかし、悲願のレギュラー奪取へ最終予選そして本大会を見据えてすでに理想とするイメージはできている。

2016年03月08日(Tue)11時15分配信

text by 元川悦子 photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

コンパクトなハイプレッシングを重視

ヴァイッド・ハリルホジッチ
ヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:Getty Images】

 ヴァイッド・ハリルホジッチ監督が日本代表監督に就任してから丸1年が経過した。2016年は今月下旬に2018年ロシアワールドカップアジア2次予選の最終局面となるアフガニスタン&シリア2連戦(埼玉)があり、秋からはいよいよ最終予選が始まる。

 2016年リオデジャネイロ五輪出場を逃したなでしこジャパンの例もあるように、最終予選は何が起きるか分からない。最悪のシナリオを回避するためにも、チームの底上げは急務の課題と言える。

 そこで指揮官は、7日から国内組代表候補合宿を千葉県内でスタートさせた。小雨の降る夕方、練習場に現れたのは、前日のJリーグで負傷し辞退した六反勇治(仙台)を除く25人。

 だが、米本拓司(FC東京)もケガで欠席を余儀なくされ、最終的には離脱が決定。永木亮太(鹿島)が追加招集されることになった。金崎夢生(鹿島)もこの日は別メニュー。結局、トレーニングに参加したのは23人だった。

 練習は2組に分かれて進み、前日のJリーグに先発したフィールドプレーヤー10人がクールダウン、それ以外の13人がフィジカルテストから始まった。

 その後、両者が合流し、指揮官が練習前のミーティングで「ゾーンプレス」と称していたコンパクトな状態でのハイプレッシングの練習に30分以上の時間を費やした。これはハーフコートのゲーム形式で、合宿初日にしては相当負荷が高かった。

 遠藤航(浦和)も「今日はリカバーだと思った」と驚き半分の様子だったが、ハリルホジッチ監督が練習前のミーティングで「私にも我慢の限界がある」と危機感を煽ったせいか、これまで以上のピリピリ感の中、チーム全体から戦術を徹底的に吸収しようという強い意識が感じられた。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top