広州恒大、世界一市場価値の高いクラブに。レアル、マンUら欧州メガクラブをも凌駕

2016年03月10日(Thu)10時40分配信

photo Getty Images
Tags: , , ,

広州
世界一市場価値の高いクラブとなった広州恒大【写真:Getty Images】

 中国スーパーリーグの広州恒大は、世界で最も市場価値の高いクラブになったようだ。中国紙『新華社』が伝えている。

 広州恒大はこの冬、4200万ユーロ(約55億円)という巨額の移籍金でアトレティコ・マドリーからコロンビア代表FWジャクソン・マルティネスを獲得。その圧倒的な資金力を世界に証明した。

 同紙によれば、中国リーグの移籍市場が終了した時点で、広州恒大のクラブ市場価値は33億5000万ドル(約368億5000万円)にまでのぼるという。

 これは、32億6000万ドル(約358億6000万円)のレアル・マドリー、23億5000万ドル(約258億5000万円)のマンチェスター・ユナイテッドといった欧州のメガクラブをも凌駕する金額である。

 中国はこの冬で最も移籍市場を投下したリーグであり、世界各国から有名選手を次々と獲得している。その中でも、広州恒大は昨年から積極補強を続けてアジア王者に輝くなど、代表格ともいえるクラブである。今回の統計により、その投資が結果として現れる形となった。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top