本田&長友は蚊帳の外…セリエA残り10節、スクデット争いを制するのは?

2016年03月10日(Thu)17時02分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

ユベントスのレオナルド・ボヌッチ
現在首位に位置するユベントス【写真:Getty Images】

 イタリア・セリエAも残り10節と佳境に差し掛かっている。10日付けのイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』によれば、スクデット(セリエA優勝)争いはユベントス、ナポリ、ローマに絞られたとみられている。

 現在の勝点は首位ユベントスが「64」、2位ナポリが「61」、3位ローマが「56」となっている。一方で残り10節の対戦カードが最も厳しいのはローマで、インテル、ラツィオ、ナポリ、ミランとの対戦が残っている。

 首位のユベントスは上位陣との対戦はミラン、ラツィオ、フィオレンティーナ。ナポリは上位陣との対戦がインテル、ローマのみと比較的有利な対戦カードだ。

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルは首位ユベントスと勝点差「13」、同代表FW本田圭佑が所属するミランは勝点差「17」と優勝争いに関しては絶望的な状況。3位のチャンピオンズリーグ(CL)権になんとか望みを託す形で、現実的な目標はヨーロッパリーグ(EL)出場権だろう。

 近年まれにみる接戦となっているスクデット争いだが、果たしてどのクラブが優勝を勝ち取るのだろうか。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top