本田と長友はCLに出場できるか。残り10節、セリエA上位7クラブの対戦カードから終盤戦の展望を占う

イタリア・セリエAも第28節を終えて、残すところ10節となった。近年稀にみる混戦となったセリエAではチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いが白熱している。果たして、本田圭佑と長友佑都は欧州の戦いに参戦することができるのだろうか。

2016年03月11日(Fri)12時58分配信

text by Keiske Horie photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , ,

セリエA、残り10節

セリエA
白熱するチャンピオンズリーグ出場権争い【写真:Getty Images】

 イタリア・セリエAも第28節を終えて、残すところ10節となった。

 近年稀にみる混戦となったセリエAだが、スクデット(セリエA)争いは首位ユベントスと2位ナポリに絞られた感がある。一方で、白熱しているのはチャンピオンズリーグ(CL)出場権争いだ。

 可能性の上ではユベントス、ナポリ、ローマ、フィオレンティーナ、インテル、ミラン、サッスオーロの7クラブが争う形となっている。かつてのセリエAが全盛を極めた「セブン・シスターズ(7姉妹)」さながら、激しい競争のもと3枠を争う。とりわけ注目を集めるのは3位争いだ。現在3位のローマから7位サッスオーロがしのぎを削ることになる。

 今回はセリエA残り10節における上位陣の対戦カードを比較し、終盤戦の展望を占う。そのために、7クラブの各節対戦相手との期待勝点を割り出した。各クラブの戦力をもとに「勝利必須=3」「勝利できる=2」「ドローに持ち込まれる可能性あり=1」「敗北の可能性あり=0」の4段階で期待値を示した。

 この合計値に現在の獲得勝点を加えることで、上位陣の「期待勝点」を算出。対戦カードによって終盤戦を優位に戦うであろうクラブを示す。

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top