本田、“特性がない”ウイングで一歩後退のプレー。大揺れのミランに同僚、そして副会長も激怒

ミランは現地時間13日、セリエA第29節でキエーヴォと対戦し、アウェイで0-0の引き分けとなった。この結果に、ミランの選手たちは危機感を募らせ、そして副会長も怒りを露わにしている。大揺れのミランだが、本田圭佑も「特性がない」と自負するウイングとしてのプレーは一歩後退となってしまった。

2016年03月14日(Mon)15時32分配信

text by 神尾光臣 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

低調な結果に本田同僚も叱咤

イニャツィオ・アバーテ
チームのパフォーマンスを叱咤したイニャツィオ・アバーテ【写真:Getty Images】

「出だしの内容は酷かった。それから攻撃はできたけどゴールは遠い。難しい敵地とはいえ、簡単な相手に勝ち点を取りこぼす。チャンスを決める強引さがなければいつまでたっても問題は同じ、ミランがそんな調子では許されないんだ。コッパ・イタリア決勝に進出したからいいやと思って6位で満足したら、それすらも失うことになる」

 13日のキエーヴォ戦後、この日ミランのキャプテンマークを巻いたDFイニャツィオ・アバーテは、地元メディアに対してチームヘ叱責の言葉を吐いた。その通りの試合だった。前半30分間はろくにボールを運べず、防戦一辺倒。そしてその後に盛り返し相手を圧倒するものの、フィニッシュワークの乱雑さに泣き、相手の堅いディフェンスをこじ開けることができなかった。

 結果から見れば、本田圭佑のプレーも物足りなかったという評価になる。相手の厳しいプレスの中、パフォーマンス自体は悪くなかったのだが、ゴール前でのチャンスメイクから得点を導き出すことはできなかった。

 4-3-3の右ウイングとしての先発が濃厚視されていたが、急に変更になった。ユライ・クツカがウオーミングアップで故障したため、急遽ジェレミー・メネズが先発することとなり、システムは4-4-2のまま。ちなみに決断が下されたのはメンバー表が配られた後。記者席には修正版のメンバー表が配布された。

1 2 3

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top