BVB、諦めムードのスパーズ下しELベスト8進出。“余裕の勝利”でプレミアの熱気は感じず

ヨーロッパリーグのラウンド16、2ndレグでトッテナムを下したドルトムント。1stレグで大勝したこともあり、敵地での試合だったにもかかわらず、アウェイの洗礼を受けることはなく余裕を持って次のラウンドへの進出を決めた。(取材・文:本田千尋)

2016年03月18日(Fri)11時30分配信

text by 本田千尋 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

反撃する気配を見せないトッテナム

香川真司
香川真司は途中出場したが…【写真:Getty Images】

 ホワイト・ハート・レーンは、プレミアの熱気からは程遠かった。2016年3月17日、ボルシア・ドルトムントはアウェイでトッテナム・ホットスパーと戦う。ヨーロッパリーグのラウンド16、2ndレグである。既に1stレグで、ドルトムントはホームでトッテナムを3-0で下していた。トッテナムが逆転でベスト8に進出するには、4点が必要な状況である。

 つまり、開始直後からトッテナムが猛攻を仕掛けてくる可能性はあった。この試合でベンチスタートとなった香川真司は「守備をしっかりして、その中でカウンターを何本か決めればいいなって思っていました」と言う。しかし実際にBVBが、トッテナムの鬼気迫る攻撃を真正面から受けて立ち、カウンターに出る、といった場面は見受けられなかった。

 トッテナムは、1点ずつ返していこうと粘る訳でもない。4点が必要という状況で、最初から諦めているかのようだった。例えば、16日にミュンヘンで行われた欧州チャンピオンズリーグで、バイエルンがユベントスに2点を先行されながら4点を奪い返したような神がかり的な反撃を試みる様子もない。

1 2

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top