【識者の眼】ハリルJどうなるFW争い。ハーフナー&小林の加入で競争激化。物足りない攻撃陣は活性化するか

17日、日本代表は24日と29日に行われるW杯アジア二次予選のメンバーを発表された。久々招集のハーフナー・マイク、Jリーグから小林悠が抜擢されるなどFWに新戦力が加わり、新たな競争が始まった。(文:河治良幸)

2016年03月18日(Fri)11時38分配信

text by 河治良幸 photo Getty Images
Tags: , , , , , , ,

物足りないFW陣。新戦力が加入

小林悠
小林悠【写真:Getty Images】

 日本代表のハリルホジッチ監督は24日のアフガニスタン戦と29日のシリア戦に臨むメンバーを発表。FW枠で小林悠(川崎フロンターレ)とハーフナー・マイク(デンハーグ)が選出された。

 小林は「トレーニングキャンプでかなりのクオリティを見せた」と評価され、正式な代表メンバーとしてはけがで辞退した3月以来となり、ハーフナーはアギーレ前監督が率いていた2014年10月以来の復帰となる。

 南野拓実が五輪代表のポルトガル遠征に参加し、武藤嘉紀を負傷のため招集できない事情もあるが、新たなメンバーが加わり、最終予選に向けて前線の競争が激しくなることを予感させる。FW枠は本田圭佑、宇佐美貴史、金崎夢生、岡崎慎司に小林とハーフナーを加えた6人。原口元気はMF登録になっているが、本来は4-2-3-1の左ウィングを兼ねる。

 ハリルホジッチ監督が強調するのは得点力をさらに伸ばしていかなければならないこと。ここまで二次予選の6試合で17得点を記録したが、FW陣は本田が5得点、岡崎が3得点、宇佐美と金崎が1得点という状況だ。二次予選の結果だけを見ればそこまで悪い数字ではないが、ここが“通過点”でしかないことを考えれば物足りない。

「第二段階目で得点を取るところを向上させなければならない」と主張するハリルホジッチ監督は初参加の小林とハーフナーにもチャンスを与えることを示唆した。

 小林は「A代表で得点を取れるまれな選手」と指揮官が評価するように、絶妙な動き出しから正確なフィニッシュに持ち込めるストライカーだ。2014年にシンガポールでブラジルに4-0と惨敗した試合は無得点に終わったものの、惜しいボレーを放つなど唯一危険なプレーを見せていたのが印象的だが、ここまで度重なるけがに泣かされ代表に参加できていなかった。

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top