本田が抱える「ヤバいこと」を指揮官も危惧。“汚れ仕事”に徹した10番のジレンマ

ミランは現地時間20日、セリエA第30節でラツィオと対戦して1-1で引き分けた。本田圭佑は先制点を演出するも後半はミスを多発してしまい、ミランは1得点にとどまった。“汚れ仕事”に徹した本田だが、そこにはジレンマもあった。(取材、文:神尾光臣)

2016年03月21日(Mon)11時52分配信

text by 神尾光臣 photo Getty Images
Tags: , , , , ,

本田、攻撃でミス多発

本田
後半はミスが多発した本田圭佑【写真:Getty Images】

 後半34分だった。右サイドの縦のスペースに出た本田圭佑は、ドリブルでボールを運ぼうとした。しかしスピードが上げられなかったところで、リカバーに来たラツィオFWフェリペ・アンデルソンに追いつかれ、ボールを奪われた。

 密集地で鋭いクサビのパスをルイス・アドリアーノに通して先制点を演出したり、正確なクロスでジャコモ・ボナベントゥーラの決定機を創出したりなどの好プレーもあった。ただその一方で、ラツィオ戦ではミスも多かった。

 しかも目立つ場面のミスが多かっただけに、印象を悪くしたのは否めないところだった。前線に走り込み、欲しいタイミングでパスをもらいながら大きく外した後半9分のシュートはいただけなかったし、直接FKを壁に当て続けてからはスタンドのブーイングもやや大きくなっていた。

 チームとしても、攻撃のチャンスはそれなりに作りながらも1得点にとどまる。「プレーに臨む姿勢は皆正しかった。ただいつものことだ。沢山チャンスを作りながらゴールに叩き込めない」。試合後の記者会見でシニシャ・ミハイロビッチ監督は渋い表情で語った。

 当然のことながら、ゴールチャンスを確実に仕留めることはチームの勝利に直結する。ミランを勝たせるプレーヤーを目指すのならば、やはりフィニッシュの質も追求して欲しかった。

 そういう意味で、ラツィオ戦での本田のパフォーマンスは批判の対象になり得るし、21日朝の地元紙の中には本田を酷評するところも出てくるかもしれない。

1 2 3

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top