「ロナウドは意外と親切だった」。“美人すぎる司会者”がネイマールとの秘話を明かす

2016年03月24日(Thu)17時53分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , , ,

アブド
ケイト・アブドさん【写真:Getty Images】

 レアル・マドリーとバルセロナは敵対関係にあることは周知の事実だが、クリスティアーノ・ロナウドとネイマールの意外な関係性が話題となっている。

 ロナウドは今年1月にバロンドールを受賞したが、その授賞式の裏側をプレゼンターのケイト・アブドさんがイギリスのTV番組『フットボール・ビヨンド・ボーダーズ』で明かした。

 アブドさんによれば、授賞式のリハーサルでロナウドはネイマールにアドバイスを送っていたのだという。

「ロナウドはブラジル人のネイマールと一緒に来て、2人はポルトガル語で話していた。メッシとネイマールはチームメイトだけど、ロナウドは彼のそばにいてどこへ行けば良いのかを教えていた。どんなことも彼のために(ポルトガル語に)訳して説明していた」

「彼はとても親切でネイマールの面倒を見ていた。多くの人は意外と思うかもしれないけど」

 FIFAの催し物で頻繁にプレゼンターを務めるイギリス出身のアブドさんは、“美人すぎる司会者”として知られており、英放送局『スカイスポーツ』でジャーナリストとして活動している。英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語の4つの言語を流暢に操り、その持ち前の語学力でヨーロッパ中のサッカーを取材している。

【了】

Comments

comments

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top