イングランド、2点ビハインドからドイツに逆転勝利! 勢いを象徴する一戦に

2016年03月27日(Sun)8時13分配信

photo Getty Images
Tags: , , , ,

ジェイミー・ヴァーディー
ジェイミー・ヴァーディーが同点ゴール【写真:Getty Images】

【ドイツ 2-3 イングランド 国際親善試合】

 イングランド代表は現地時間26日、アウェイでW杯王者ドイツと親善試合を行った。

 ハート不在のGKにはバトランドが起用され、トッテナムで好調のデレ・アリが10番を背負って先発出場したイングランド。プレミアリーグ首位のレスターから招集されたヴァーディーとドリンクウォーターはベンチスタートとなった。

 EURO予選で苦しんだドイツだったが、この日は43分にクロース、57分にM・ゴメスがゴールを奪って2点のリードを手にする。国際舞台で結果が出ないイングランドにそのまま勝利するかと思われた。

 しかし勇敢な“スリー・ライオンズ”はここから驚異の粘りを見せる。61分、ペナルティエリア内でボールを奪ったケインが反転シュートでゴールを陥れ1点を返すと、75分にヴァーディーがクラインのクロスにヒールキックで合わせ途中出場からわずか4分で代表初ゴールを挙げた。

 同点で終わるかと思われた後半終了間際にもイングランドの底力が発揮される。コーナーキックに頭で飛び込んだダイアーが執念の逆転ゴール。そのまま笛が吹かれ、イングランドは2点ビハインドから世界王者ドイツに大逆転勝利を収めた。

 ゴールを決めた3人はプレミアリーグ優勝を争うレスターとトッテナムの選手達で、クラブチームでの勢いをそのまま代表でも発揮した象徴的な勝利となった。この後イングランドは29日にホームでのオランダ戦に、ドイツは同日ホームでのイタリア戦に臨む。

【得点者】
43分 1-0 クロース(ドイツ)
57分 2-0 M・ゴメス(ドイツ)
61分 2-1 ケイン(イングランド)
75分 2-2 ヴァーディー(イングランド)
90分 2-3 ダイアー(イングランド)

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top