ハリル監督、“バルサ式3トップ”から進化へ…さらなる新布陣起用を示唆「また変更がある」

2016年03月28日(Mon)17時53分配信

photo Dan Orlowitz
Tags: , , , , ,

ハリルホジッチ
日本代表のヴァイッド・ハリルホジッチ監督【写真:ダン・オロウィッツ】

 日本代表は28日、W杯アジア二次予選シリア戦に向けた前日練習を埼玉県内で行った。

 24日のアフガニスタン戦では4-3-1-2の新布陣を試したヴァイッド・ハリルホジッチ監督だが、この意図について改めて説明した。

「オーガナイズには長所と短所がある。我々がどのような選手を使うかによって決まる。これは、人々を楽しませるように新しく試したのではない。何人かの選手を試し、疲労を回復させるために、それらを組み合わせた」

 ハリルホジッチ監督は「今まではずっと3トップをやってきたが、今度は2トップをプレーした。しかし、我々はバルセロナのような3トップをやってきた。彼はサイドのアタッカーがいて、得点も取らなければならない」と、“バルサ式3トップ”を試してきたと語った。

 また、ハリルホジッチ監督はPKの大事さを強調し、もっとPKをもらうプレーを増やすべきだと主張した。

「Jリーグはペナルティが少ない。これは偶然か? バルセロナは10試合で10回PKをもらっている。JリーグでPKは何回あったか? それが今の日本のイメージになっているのではないか。そういったことを彼らに話している。リスペクトOK、伝統OK。しかし、相手が叩いて来たら謝る必要はない。NOと言わないといけない」

 さらに、ハリルホジッチ監督は「明日はまた変更がある。明日は新しいオーガナイズを見せるかもしれない。ゲームプランにしてもオーガナイズにしてもうまくするには時間がかかる」と、シリア戦でさらなる新布陣を試すことを示唆した。

(取材:植田路生)

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top