シリア戦、大勝でグループ首位での最終予選進出を決める【どこよりも早い採点】

3月29日、日本対シリアの一戦が行われ5-0で日本が勝利。ハリルジャパンのパフォーマンスはどうだったのだろうか。

2016年03月29日(Tue)21時26分配信

text by 編集部 photo Dan Orlowitz
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

グループ首位での最終予選進出

20160329_daihyo_dan
日本代表のパフォーマンスはどうだったのか【写真:ダン・オロウィッツ】

【日本 5-0 シリア 2018年ロシアW杯アジア2次予選】

西川周作 6.5 持ち味である足元のプレーに安定感。数少ない被シュートはしっかりと捌き、決定的なシュートもセーブ。
吉田麻也 5.5 コーナー付近へ効果的で精度の高いパスを供給。攻撃では貢献するも、不用意なスライディングでピンチを招く。
森重真人 5.5 大ピンチになりそうなカウンターを阻止。結果的にうまく防いだ格好だが、リスクの高いプレーだった。致命的となりかねないパスミスも。
長友佑都 6.0 アフガニスタン戦よりも効果的な攻撃参加。宇佐美とのコンビネーションは良好。
酒井高徳 7.5 ほぼ完璧と言える出来。タイミングの良い攻め上がりで何度もチャンスに絡む。決定機はものにしたいところだった。
長谷部誠 6.5 攻守ともに安定感のあるプレーを見せる。相手の攻撃の芽を摘み、攻撃に厚みを加える。決定機も身体を張って阻止。
山口蛍 5.5 地味ながら攻守に気の利いたプレーを見せるも、普段よりもミスが多かった。
香川真司 6.5 リンクマンとしての仕事は果たす。他の選手と良い距離感でプレーし、持ち味を発揮。難易度の高いシュートでゴールを奪う。
本田圭佑 7.0 機を見てインサイドに入り、相手の守備にズレを生む。プレーの確実性はチーム随一。
宇佐美貴史 6.0 高確率のドリブル成功率は称賛に価する。だが、中に合わせられたクロスは少ない。そして守備のプレー強度が低いのは要改善。
岡崎慎司 7.0 記念すべき代表100試合目でゴールこそあげられなかったものの、多くのチャンスに絡む。ゴール前だけでなくクサビを受けるプレーでの貢献も見逃せない。

原口元気 6.5 速攻時に見せた長い距離のスプリントは目を見張るものがあり、アディショナルタイムにはゴールも奪う。本人の問題ではないが、ボランチで良さが発揮される選手ではない。
金崎夢生 5.5 それほどボールに絡めなかったが、素早い動きだしで味方が使うスペースを生む。
清武弘嗣 6.5 カウンター時に香川へつないだダイレクトパスは秀逸。

ハリルホジッチ監督 6.5 就任から1年が経ち、シンプルなプレーでゴールに迫るスタイルをチームに落とし込んだことは高く評価されていい。

【了】

Comments

comments

カンゼンからのお知らせ

新着記事

人気記事ランキング

        ↑top