『TEDD』のコンセプト―前口上に代えて

「読むサッカー」をもっと自由に拡張したい。
そんな願いから生まれたサッカー小説が『エンダーズ・デッドリードライヴ』です。
生活のなかにあるサッカーのディテールに説得力を持たせながら、フィクションとしての面白味を失わない。競技のリアリティと物語のダイナミズムのどちらが欠けてもサッカー小説は成り立ちません。

本作は国内のプロリーグを主な舞台としながら地続きである社会人、女子、育成とのつながりを保ち、薄っぺらい表層的な反抗のストーリーに終わることなく、サッカーに携わる人々にとっての「ゴール」とはなんなのかを探っていきます。
サッカー小説のポジションを確保し、サッカー書籍をより充実させるために、企画の立ち上げから筆を走らせること五年目、ようやく世に出ることになりました。

スポーツのみならず日本全体にとっての起爆剤となるかもしれない東京オリンピックまであとわずか。その先の2030年もあっという間でしょう。ならば少なくともそこまでは、サッカーに携わる人間が、一度未来予想図を描いておいてしかるべきです。
Jリーグが2ステージ制への移行を発表して喧々諤々の論争を巻き起こしたように、そしてワールドカップが夏から冬へ、ACLが春から秋へ、カレンダーの移動を検討しているように、サッカー界の移り変わりは早くなっています。

サッカーだけではありません。ジャスミン革命に端を発するアラブの春が少なからぬ変化をもたらしたあとも、ウクライナやベネズエラから反政府デモの様子がリアルタイムで飛び込んできます。このような時代に、ただのほほんと、サッカーの内輪をたこつぼ的に描くという選択はできませんでした。

社会の上からも下からも変革を求めた先の2029年はより規制が緩和され市場が流動的となり日本でもビッグクラブが誕生する余地が拡がっているかもしれません。いっぽう、倒産するクラブが続出、汲々とした経営を強いられるクラブの苦しみが増しているかもしれません。
強くなればなるほどより高みをめざす欲求も強くなり、苦しめば苦しむほど答えを求める姿勢も真摯になるでしょう。おそらくそこにサッカーの物語を描くスペースが生まれるはずです。
こうして必然的に『エンダーズ・デッドリードライヴ』の舞台は2029年の東京になりました。端境者たちの決死行がどうなるか。じっくりとお楽しみいただきたいと思います。

二〇一四年三月 後藤 勝

挿画・高田桂氏によるイメージカット 挿画・高田桂氏によるイメージカット

<SPECIAL THANKS>

荒井昇一 YOSHI 内堀孝史
nrtb 渡辺宏幸 tomoe funatsu
福島成人 Michiyo Yoshimura 高橋 悌
すぎもとかよこ 三田涼子 赤荻研一
ウヤマヒデキ 磯 隆之 桂澤隆太
yohei22  TBFC km 鬼弦千枝子
高橋和子 からふね 吉野貴美子
(順不同、敬称略)

以上の皆様をはじめ多くの方々のご支援により、当『エンダーズ・デッドリードライヴ』公式ページの運営が実現いたしました。

ミライブックスファンド - 近未来サッカー小説刊行プロジェクト
Production Notes

イントロダクション

2020年の東京オリンピック開催を契機とする経済浮揚計画が進行、時ならぬ建設ラッシュとそれに伴う異民族大量流入が発生し、日本列島は国家全体を挙げての再開発に沸き立った。
大規模な規制緩和の波と国家戦略特区の設置がダイナミックな地殻変動に拍車をかけた。

しかし好況の光は格差拡大の影をも生む。
わけても東京では外国人労働者と若者とのあいだで職の奪い合いとなり、貧しさに耐え切れぬ民により60年安保闘争以来の実践的反政府活動が顕在化した。

2024年、下層階級の抵抗運動が各国で多発、インターネットを通じたリンケージによって世界同時内戦に拡大した。その状況に呼応するように日本でも「遅れた春」と名乗る組織を中心としてスクワット(Squat)運動が勃発、貧民が不法占拠地域を増やしながらゲリラ闘争を仕掛け、ついに内戦に突入した。

はじめからわかっていたように、各国の反乱は粛々と鎮圧された。

半年以上も引きずった抗争の末、荒れ果てた日本の国土を耕すには、さらなる規制撤廃が必要になった。大量の自殺者を肥やしに何人もの成金実業家が喉を潤し、産業界と政界の中枢に喰い込む。その影響はサッカー界にも及び、閉鎖的だった構造は金持ちの手によってこじ開けられる。

外資参入許可、株式売買自由化、ワンオーナー制導入が巨額のマネーを呼んだ。そして投機や運用の対象となったプロクラブは膨張の一途を辿り、英国、中国、カタールのそれに優るとも劣らぬメガクラブ誕生の素地がつくられた。

だが、宿痾(しゅくあ)のごとくいつまでもつづく成長競争に耐えられず、脱落するクラブも続出する。人は彼らを端境の者、「エンダーズ」と呼んだ。

エンダーズ・デッドリードライヴ 最新話

スタッフプロフィール

執筆後藤 勝【Masaru GOTO/ごとう・まさる】

物語を紡ぐ東京サッカーの観測者
東京生まれ、東京在住のフリージャーナリスト。
中央美術学園を卒業後、ディスクユニオン等の勤務を経て宝島社で編集の仕事を始める。
2001年、ピッチの内側と外側の両方を描けるノンフィクションライターとして「サッカー批評」誌に発掘され、サッカーメディア進出を果たすと、並行して映画、アニメーション、ゲーム、音楽など様々な娯楽分野の取材、執筆にも携わってきた。
サッカーファンにはFC東京の定点観測者として知られているが、メキシコ五輪世代から東京都リーグに到る、過去や裾野までを遠く広く見通す眼を持ち、サッカーを本質から捉える批評家の側面も有している。これまで秘められてきた見識を随所にひらめかせ、重層的な物語に織り込んでいく手管は、いち記者の余技という域を超えて新たな作家の誕生を示唆するものだ。
ノンフィクションのデビュー作『トーキョーワッショイ!』のソフトな語りとは180度異なるハードボイルドな文体を保持する本作『エンダーズ・デッドリードライヴ』は彼の文筆がサッカー界以外にも知られるきっかけとなるにちがいない。
サッカーライターとしては異色の経歴と稀有な筆力が、エンタメの幅とサッカーの深さを同時に充たす物語を描ききる可能性の扉を開く。
http://www.targma.jp/wasshoi/

キービジュアルシャン・ジャン【Shan JIANG/江杉】

世界を股にかける七色の魔術師
ロンドン在住の中国人イラストレーター。
2003年に上海大学美術学院を卒業後、2005年までスコットランドのエディンバラ・アート大学に学ぶ。
プロのキャリアはその直後、ポーツマスとロンドンにて始まる。I LoveDust社のリードデザイナーに就任したシャンは幾多の個展・グループ展を経て一定のキャリアを築いたのちの2012年からはロンドンShotopop社のディレクターとなり、世界各国に多くの商業イラストレーションを送り出している。
現代ポップカルチャーとの関係も深く、2012年には早川書房より出版された『ボーンシェイカー ぜんまい仕掛けの都市』のカヴァー・アートを担い日本のSFファンに大きなインパクトを与えた。
ファインアート出身者ならではの類まれなデッサン力、複雑な要素を一枚にまとめる構成力、カラフルな色彩感覚と、時に出自を活かした漢字の使用など、独自の画風は他の追随を許さない。
メビウスら欧州のバンド・デシネを彷彿とさせる、あるいは日本のマンガに通ずる雰囲気も保持し、超絶的な画力と未来的なセンスが融合したシャンの流麗なイラストレーションが衆目を集めるのはそう遠い日のことではないだろう。中国語、英語、日本語のトライリンガル。
http://everynicething.com/

挿画高田 桂【Katsura TAKADA/たかだ・かつら】

サッカーファンの情熱に寄り添う緑の画師
京都出身、東京在住の漫画家、イラストレーター。
東京ヴェルディバレーボールチームのサポーターとして、アスリートとスポーツ観戦者双方の情熱を存分に吸収。愛好家の息吹を繊細かつ大胆に表現する。
精緻なデッサン力で都会の日常を描き出し奔放に振る舞うイラストレーション、要素を極力減らして人々の感情をシンプルに伝える漫画、ふたつの分野で活躍。このアーティストとしての性向はバンド・デシネとの親和性があるのか、フランスのライターが書いた原作をマンガ化する「Akiba Manga」で『Terminus ターミナル』を連載、単行本化するなど、その実力は海を越えて証明されている。
初の商業漫画単行本はヤングキングコミックス『フ・ラ・グ』。これらの著作で示された少女のフェミニンな魅力はサッカー関連の漫画やイラストレーションにも侵食。東京サッカーシーンの動きを伝えるウェブサイト「東京偉蹴」で連載したWEBCOMIC『東京蹴景』にてトラメガを握る女子の姿が話題を呼んだほか、Twitter上の「塗ってもいいのよ」企画では「サポっ娘」の素体を提供。Jクラブからアンダーカテゴリークラブに到る広範囲のサポーターに「塗る」ムーヴメントを巻き起こしている。
『東京蹴景』を同人誌化したのち、サッカー漫画『はまねこのアンサンブル』を同人誌リリース。インディペンデントとメジャー両方のシーンからサッカーを視覚化する高田の試みが時代の先端に乗っている。
http://takadakatsura.lomo.jp/

Logo Design by Tatsuya MATSUURA Page Design by PRIPRESS CENTER