本田のACミラン入りが決定! セリエAビッグ3の歴代背番号10は?

2013年12月12日(Thu)18時00分配信

text by 編集部 photo Kazhito Yamada / Kaz Photography
Tags: , , ,

ビッグ3の歴代10番

【ACミラン】

87年~93年 ルート・フリット(オランダ)

93年~98年 デヤン・サヴィチェヴィッチ(モンテネグロ)

98年~01年 ズボニミール・ボバン(クロアチア)

01年~06年 マヌエル・ルイ・コスタ(ポルトガル)

06年~11年 クラレンス・セードルフ(オランダ)

12年~13年 ケヴィン・プリンス・ボアテング(ドイツ)

14年~ 本田圭佑(日本)

【インテル・ミラノ】

89年~92年 ローター・マテウス(ドイツ)

93年~95年 デニス・ベルカンプ(オランダ)

95年~96年 ベニート・カルボーネ(イタリア)

97年~98年 ロナウド(ブラジル)

98年~00年 ロベルト・バッジョ(イタリア)

00年~02年 クラレンス・セードルフ(オランダ)

02年~03年 ドメニコ・モルフェオ(イタリア)

04年~06年 アドリアーノ(ブラジル)

09年~13年 ウェズレイ・スナイデル(オランダ)

13年~ マテオ・コヴァチッチ(オーストリア)

【ユヴェントス】

82年~87年 ミシェル・プラティニ(フランス)

90年~95年 ロベルト・バッジョ(イタリア)

95年~12年 アレッサンドロ・デル・ピエロ(イタリア)

13年~ カルロス・テべス(アルゼンチン)

 そうそうたる顔ぶれだ。ACミランはもちろん、セリエAのビッグ3の背番号10に袖を通すのは本田がアジア人で初めて。セリエAが隆盛を極めた時代はすでに過去のものではあるが、重い価値のある歴史と伝統の10番には大きな価値がある。かつてカズがセリエAのジェノアに加入し、ACミランのバレージらと競り合う姿を固唾をのんで見守った90年代とは隔世の感がある。本田にはACミランの輝ける10番として、歴史に語り継がれる活躍を期待したい。

【了】

関連リンク

ミランは本田圭佑をどこで起用したいのか?
本田圭佑という哲学

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでつぶやく

1 2

新着記事

↑top