前回までのあらすじ

パラグアイのクラブ「リベルタ」に所属する日本人サッカー選手「群青叶(ぐんじょう・かなえ)」は、南米大陸二大カップ戦のひとつ、コパ・スダメリカーナ遠征に参加すべくコロンビア西岸の都市カリにやってきていた。

ベスト8進出をかけた決勝ラウンド、PKを外したことでサッカー賭博に大番狂わせの結果を招いた群青は、大量の資金流出を余儀なくされた麻薬密売組織の怒りを買い拉致される。そしてアジトに監禁された群青がいままさに処刑されようとした瞬間、建物の壁が壊れ、その場にいた組織構成員の大部分が倒れた。生き残った者たちも外からの攻撃で掃討される。
群青の名を呼ぶ日本語の声。助かったと安堵する間もなく、すぐ近くで大きな爆撃音が轟いた。

これをきっかけに空と地上とを問わず火線が飛び交い、辺り一面は大規模な戦争状態に突入した。命からがら逃げ出した群青だったが、曲がり角で出くわした麻薬密売組織側の兵士による一撃を避けきれず負傷してしまう。麻薬密売組織のアジトで群青の名を呼んだ男、松重崇(まつしげ・たかし)によって救い出された群青は意識は失い、米国西海岸サンディエゴの米軍基地に運び込まれた。

治療を終えた群青を、松重は品川の上水流領(かみずる・かなめ)邸に送り届ける。プロサッカークラブ「銀星倶楽部」オーナー社長である上水流には死期が迫っていた。そこで妾の子である群青に後継者として白羽の矢が立ったのだった。
次の社長になれと言う上水流に、群青はこれまでの不遇を呪い反発する。しかし松重の説得により、もはや自分には何もないと悟った群青は、社長となる運命を受け入れた。

腹違いの姉である上水流奏(かみずる・かなで)がライバルクラブ「インテルクルービ」の専務だと知り、動揺する群青。彼は銀星倶楽部のクラブハウスでさらなる驚きに晒される。ポーランド人監督のカジミエシュ・チェシュラックがその場で電撃的に解任されたのだ。チェシュラックは群青に言う。
「わたしは罪を告発しようとして、クラブの敵にさせられた。道理など通らぬ。ここは紛うことなき魔窟だよ」

第二話 模様替えへの依存Relying on the facelift

tedd02bn「敵?」
 ぼくの問いにチェシュラックは頷いた。
「代理人と強化部長の都合で選手を動かそうとするのを止めようとしたら、わたしはクラブの敵になった。どれだけの不正が潜んでいるかわからん」
「なんてこった」ぼくはため息をついた。「経営が厳しいから、みんなでがんばろうとしているのかと思っていた」
「危機感がないから危機に陥るのだよ」ことわりを説くチェシュラックの眼には絶望があった。
「告発しましょう」
 そう言うとチェシュラックの顔が険しくなった。
「落ち着きたまえ。いますべてをあかるみに出したら対外的な信用はどうなる?」
「不正をそのままにしておいたら、それこそ信用をなくしますよ」
「それでもだ。よく考えてから動くんだ」ぼくはチェシュラックの言葉を噛み締めた。たしかに、いまはまだクラブの内情をよくわかっていないし、この件だってはじめて耳にしたばかりだ。それに自分の仕事はこのクラブを存続させることであって、つぶすことではない――そこまでは考えたが、いますぐ呑み込むのは難しい要求だった。
「でも、あなたの名誉はどうなるんです?」
 納得しないままに答えると、次のチェシュラックのひとことで、無理矢理に納得させられた。
「次の仕事場でいい成績を残すさ」そう言い残して会釈をし、この場を去ろうと踵を返しかけていたチェシュラックが振り向く。「銀星倶楽部はシュリンクするぞ。コストカットを繰り返し、それこそ街クラブ並に……きみこそ大丈夫か」
「やるしかありません」
「ライバルのインテルクルービを向こうにまわして? 彼らはいまやアジアの巨人になろうとしているのに?」
 それはこの数日、自分なりに銀星倶楽部の事情を知ろうと、松重に訊ね、新聞の記事を読み漁って得た知識でもあった。
 月光運輸グループの大半を掌中に収めた神足一歩は新会社を設立、銀星倶楽部とともに23区を代表するプロクラブだった東京インタースポーツクラブを買い取り、デスポルチーボ・インテルクルービと改名して拡大路線へと舵を切っていた。世界平和と民族融和のコスモポリタン思想を謳って海外進出の意思を示し、このオフにはワールドクラスの外国籍選手を複数獲得する大型補強が予定されている。一気にアジアレベルを飛び越えた戦力を持つことになるだろう。
「わかっています」
「ダビデがゴリアテに立ち向かうようなものだ。きみは巨人に投げるべき石を持っているのか」
 羊飼いの少年が大男を一撃で葬った故事ならぼくも知っている。少年ダビデのような必殺技なり秘密兵器があるなら教えてほしいくらいだ。
「それはこれから探します」
「そうか……」チェシュラックはひときわ大きく声を張り上げようと姿勢をただした。「戦いはいつでも内憂外患だ。内側を整えながら外敵に立ち向かわないといけない。味方を探せ。わたしに言えるのはそれだけだ」
 チェシュラックと別れ、クラブハウスに戻ったぼくは松重に喰ってかかった。彼のデスクにのしかかり、顔を近づけて口火を切る。
「どうかしていますよ」
「どうもしない。いいか、チェシュラックは解雇された側だからあれこれ言うかもしれんが、鵜呑みにするな。単純に残留よりも上の成績や希望を持てる内容を残さなかった、来季にも期待を持てないから、変える決断をしたまでだ。強化部の判断を覆すだけの客観的な材料があるなら言えばいい。不正も証拠があるなら出してみろ」松重はA4の書類を揃えてファイルに挟み、残りの緑茶を呑み干すと向き直って答えた。
「あるわけないじゃないですか」
「そうだろう。着の身着のままで社長になったばかりのおまえに、何かがわかるはずもないからな。チェシュラックだって、証拠があるなら公にそう言うはずだ。言い出せないのは確証がないからだ」
「ほんとうは言いたいんですよ、彼だって」ぼくはむきになってチェシュラックの心中を代弁した。「クラブ批判をしたら次の仕事が来なくなるかもしれないから、黙って泣き寝入りをしているんだ」
「なら、なおさらじゃないか。蛇が潜んでいるかどうかわからない藪をつついてチェシュラックの就職活動に迷惑がかかったらどうするつもりだ」
 ぼくは言葉に詰まった。感情移入していたチェシュラックのやろうとしていることに差し障りがあっても、責任をとる力も覚悟もない。
 突っ走ったあとの保証はできなかった。
 議論はそこで終わった。
 同じ日の一五時、ぼくはろくな準備もなしに監督解任と社長就任の記者会見に駆り出された。カメラの放列も、ペン記者の質問も、まるで容赦がない。要点に答えられずたどたどしい発言を繰り返すぼくはサンドバッグのようで、会見のすぐあとには、新しい社長は使えないという悪評がネット上に溢れかえっていた。外向けに体裁をつくろった最低限のペーパーは用意しておいたので、チェシュラックの解任と自分の就任についての経緯は話すことができた。でもそのディテールや今後について問われると、言えない、または知らないことばかりで、もごもごと要領の悪い答弁に終始し、小物の政治家のように、ただしどろもどろになるだけだったのだ。
「しっかりしろよ。評判最悪だぞ」
 松重は露骨に顔をしかめてぼくを出迎えた。
「ろくな資料を渡さないあんたたちが悪いんじゃないか」
 一方的に吊るしあげられて頭にきた。チェシュラックの一件もある。知らないところで事を進められ、責任だけ押し付けられるんじゃ、たまったもんじゃない。
 ところが松重は平然とぼくをなじる。
「資料がないと喋れないのか? 自分で調べろよ」
「そんな時間がどこにあったんですか」
「材料が足りないなら足りないでその場で指摘しろ。ちょっとでも時間はあったはずだ。時間がないなんて、言い訳にならん」松重は上からの物言いを崩さなかった。「このままでいいと思うなよ。これからも対外的に説明をする機会はある。話し方を学ぶなり、改善しておけ」
 どうにも腑に落ちない。
 まだぼくが若く、よく状況を把握していないから、摂政関白政治になるのはわかる。でも、それならそれで、うまくいくように手伝ってくれてもよさそうなものだ。実際にはただ弾除けにされ、しかも仕事ができないように疎外されている感じしかしなかった。
《味方を探せ》
 チェシュラックの言葉が浮かんだ。
 ただひとりの身内となった腹違いの姉はライバルクラブを牽引する専務。哲学者然として去り際に先生のような言葉を残したチェシュラックはもういない。コロンビアで死地から救い出してくれた松重は帰国するなりぼくの肩を持つようなことはなくなった。いや、そもそも最初から味方をしていたわけではなかった。ただここへ連れてくる必要があっただけで――まるで保護者か何かであるかのように思っていたのがまちがいだったのだ。
 松重は、いざとなったら会社を畳むのも役目だと言っていた。自ずと傍観者的にもなる。
 低年俸を錦の御旗に、チェシュラックの後釜に据えられた老松はプロ契約のコーチだ。クラブへの忠義よりも自らのステータスを優先するだろう。たとえ実力がチェシュラックに及ばないと自覚しても、そんなことはおくびにも出さず、できるだけ長く監督の地位にとどまろうとするにちがいない。心底からクラブの強化に尽くしてくれるとは思えない。
 もしクラブ愛のある人物であったならば? しかし月光運輸サッカー部時代から務めていた人々はクラブを去るか、インテルクルービへと鞍替えしてしまっている。
 ピッチ内もさることながら、それ以上に資金不足が気にかかる。
 しばらくは自治体や商工会議所への挨拶回りがつづくが、そこで生じる関係に期待するのはあまりにイノセントな態度だろう。その程度で助力が得られるならいまごろ経営危機に陥ってなどいない。それに藪蛇になることもある。もし上水流領に恨みのある人間が訪問先の首長だったら……。
 お説教のあと、呻吟しんぎんする午後を経て表に出るともう日が暮れかけていた。
 分裂スプリットした雲が夕陽を浴びた奇天烈な姿を見ると、気象兵器だとか地震兵器の類が日本を狙っているという誇大妄想もあながち嘘ではないかもしれないと思えてくる。
 しかし単なる偶然で出来上がったその一瞬が消えると、多少、内戦の傷跡が気になるにすぎない東京都心の姿が広がっているだけだ。テクノロジーが進歩しても世界の外観はさほど変化しないものであることをぼくらは知っている。だから老人がいまの東京を見て三〇年前と変わらないなという感想を持ったとしても驚くことではない。もし戦前と戦後の街並みを分ける原因があったとすれば、それは再開発計画と予算の都合で、アップタウンの一部に次々と出現する新建築を応用された非現実的なタワー群と、壊れたまま打ち捨てられたビルが横たわる放棄区域との落差が激しいことだ。
 単純に、東京の外側が放棄区域になっているのなら混乱は少ないが、再開発によって豪奢なビルが立ち並び新東京と呼ばれるに到った銀座のすぐ南、かつて東京タワーのあった港区に、ぽっかりと無人の廃墟が──東京タワーはもちろん修復されることなく──存在しているのだから、はじめて東京を訪れた人は、分娩室と屠殺場が同居した施設に脚を踏み入れた気分に陥るにちがいない。
 未来と過去の境界線。
 世界同時内戦誘発の一因ともなった反政府デモを避け、ぼくはひと気の少ない路を選んで歩いていた。この国には中核派とかいう前世紀の遺物のような言葉がいまだに生きて歩いている。コロンビアの麻薬組織が、昔ながらのAK47を採用しているようなもので、世界の中心に逆らおうとするセンスは息が長い。ただ、その古い導火線にオキュパイとかアラブの春とかいう二一世紀の新素材が火を点けて爆発したのだから、体制であるとかいま自分が生きている現実の空気そのものへの嫌悪は、ばかにできない。
 単純に日本サッカー界の都合で言えば、警備費の負担増が、プロクラブ経営の新たな足枷になっている、らしい。それもここ数日で得た知識だった。おそらく、これから財務諸表を見てその数字の責め苦を味わうことになるのだろう。とにかくぼくにとっては厄介事でしかない。
 それでも、ここは日本だと思っていた。平和な国だと。
 危険なラテンアメリカの住人だったという慢心で油断したのかもしれない。気づくと、裏路地で見知らぬ人間の接近を許していた。
 メインストリートから一歩入ったところは、小金持ちの不良やカタカナ職業のこじゃれたやつらがたむろするエリアで、一見猥雑で危険であってもそれはファッションにすぎず、遊び場と言っていい場所だった。しかし小奇麗に薄汚れた映画のなかのスラム街のようなそこを抜けて三軒ほどさらに奥へ進むと急に生命感がなくなる。けばけばしかった街並みは真に薄汚れて灰色というよりはどこか黄色く濁ったような感じになり――手入れがまったくなされていないからなのだけれど――雑居ビルからアパートまで、打ち捨てられた大小の建物が誰にも看取られずに朽ちていく、廃された街が延々とつづいている。元気がいいのはコンクリートやアスファルトの舗装をものもとせずに突き破る雑草やピンク色の名前もわからない花だけだった。
 その間隙を縫うように彼女はあらわれた。
「群青叶」
 ぼくの名前を呼ぶ声は巨躯に見合わず、ころころと転がり、硬く澄んだものだった。
 目線が少しだけ上にある。ぼくよりも二、三センチほど背が高いようだ。そのすらっとしたからだが、濃紺のジャージをざっくりと纏い、背筋を伸ばして立っている。
 日が暮れてできた暗い陰から一歩前に出た顔が、街灯に照らされる。蒼い眼と白い肌。そして長い金髪をたなびかせている。プラチナというほど銀に近くはない、ナチュラルに、きらきらと輝く健康的なブロンドだった。コーカソイドではあるのだろうけれど、国籍までは特定できない。わかるのはせいぜいドイツ系かスラヴ系だろうということくらいだ。
 長身のわりによく見れば顔は幼い。くっきりとした眉、二重まぶたの下で眼はぱっちりと開かれ、鼻の隆起は砥ぎ出したように滑らかで、あごは丸みをおびながら尖っている。それだけ整った表情に宿る情念は、一言で言えば「不満」だった。彼女は長年の仇敵を確かめるかのように、碧い眼でぼくのつま先から額までをねめまわす。
「あなたが、銀星倶楽部の新しい社長?」
 流暢な言葉遣い。
「そう、だけど……」
「はじめまして」走ってきたのか、少し上気した様子の少女は、額を伝う汗を拭い、名を告げる。「わたしは栢本里昴かやもとりよん。女子サッカー部のキャプテンとして訊きたいのだけれど──どういうつもりなのかしら。ウチの部を潰すって」
「どう、って……」
 唐突な脅迫に答える材料が見つからない。
「しらを切る、と……」
「ちょっと待ってくれ、それは初めて聞いた」
 立ちすくみ、冷や汗を流しつつ、ぼくは言い返した。
「初めて? ……あなた社長よね」
「……」
「なのに、女子部の動向を把握していないっていうの」
「……そりゃあ……まだ全部わかっているわけじゃないし、親爺からも女子部については何も聞いてない」
「何も聞いてなくても、自分から調べるのがふつうでしょう」声が低くなる。怒気がこもり、空気を重くする。眼は真っ赤に充血し、うっすらと泣き出しそうですらある。
「おい、落ち着けよ」
「そうしたいところだけれど」震える声で返すと、次には激昂した。「たしかに収入がなくて予算が出ていくばかりの女子はお荷物でしょうよ、でもね、何も練習始めようってときにコートから追い出して職場に行ってみたら机もなくなっていた、なんてことする必要、ある?」
 まったくの初耳だった。もし事実でないのならこの抗議は嫌がらせか異常性のあらわれということになるが言葉の響きは切迫していてとても嘘には思えなかった。
「ないと思うよ」
「じゃあなんで。ひどいじゃない」ぼくはにわか仕込みの知識を漁った。たしか、女子部が帰属する企業はGEKKOコンピュータシステムだったはずだ。いまは上水流領を追い出した側の月光運輸グループ系に再編され、もう、銀星倶楽部の管轄ではない。「なんで銀星倶楽部本体が残ってるのに、女子部が移管されていないの。おかしいじゃない」
「それは親爺が……」
「オヤジオヤジ、ってなんなの。社長でしょ!」
 平手がとんできてバチンといい音がした。叩いた本人はそのつもりではなかったからか、つかの間、当惑したような顔になる。でもすぐに眼を皿のように細くして睨む作業を再開すると「どうしてよけない」と理不尽に問い詰めてきた。
 ぼくはその質問には答えず、話はわかった、とだけ言った。「たしかにひどい仕打ちだし、社長なのによく把握していなくて悪かったよ。なんとかしたいとは思うけれども、ただ、すぐには解決しないから、しばらく待ってもらえないか」
「いつまで」里昴の返事は早かった。「そんなに待てない」
 この女が憤っている原因は彼女の眼の前に立つぼくにもあるのだろう。しかし、そもそもの要因は、なぜ女子部を持つに到ったのかというクラブの成り立ちにまで遡るはずだ。コロンビアで死にそうな眼に遭ったときから世界が自分を攻撃しているような気になっていたが、この戦争は、ほんとうはずっと前から始まっていたのだ。
 キックオフからやり直せたら、勝つまで何度でもやり直せたら、人生はうまくいく。でもそんなお話みたいな、ゲームみたいなことがあるわけがない。
 いま決めないといけない。
「具体的にいつとは言えないけれど、君たちがプレーできるようにする。約束する」栢本里昴はぼくを一瞥すると、急に踵を返した。「あの……」
「もういい」問いかけは遮られた。「これじゃ、わたしが責めているみたいだし。あてにしないで待ってる」
 そのあとは振り返らなかった。よほどぼくが泣きそうな顔でもしていて戦意を喪失したのか、それとも彼女が言うように期待できないと見切りをつけたのか。
 嫌な感じが拭えない。
 ぼうっと佇んでいるうちに雨の匂いは実際の雨となって辺りを充たす。これは降られているだろうなと心配しかけ、連絡先を聞いていないから、もし物事が進展したとしても報告できないことにも気づく。
 何分が過ぎたのだろう? ぼんやりとした考えから開放されたぼくは栢本里昴のあとを追った。彼女を見つけたのは、平手打ちをされた場所から二軒先の角を左に曲がったところだ。近づくうちにうずくまり、建物側の自動販売機に左手をかけて寄りかかったかと思うと、里昴は膝をつき、四つん這いになった。
「立てるか」
 ぼくは手を伸ばした。彼女の顔からは雨が滴っていた。自分の手からもしずくが落ちる。たぶんぼくもずぶ濡れなのだろう。彼女は手をとらず、しばし眼の前の男に頼るべきなのか自動販売機に寄りかかるのを再開して自力で立つべきなのか逡巡しているようだったが、あきらめてしゃがんだままになった。
「具合が悪いのか」
 しゃべるのもつらそうだが、確かめないわけにはいかなかった。
「このあいだから」里昴がようやく言葉を発した。「いろいろあって……」
 眼を開けないまま答えている。閉じた瞼から伸びる睫毛を美しいと思いながら手を当てると、額が熱い。さきほどは怒りもあり、持ち堪えていたのか。緊張が途切れ、発熱に堪えられなくなったように思えた。
 ひと気もなくタクシーが通るあてもない。空き地で野ざらしになった自転車を拾い、里昴を乗せていこうかと考え始めたときだった。雨をかき分けてやってきた黒いセダン車がぼくと里昴の前で止まった。
「何をしているんだ。こんなところで」
 車の主は上水流奏だった。渋滞を避けて裏道を抜けようとしていた奏は、事情聴取もそこそこに、予定を変えてぼくらを送り届けてくれた。
 さきほどの曲がり角から車で二分もかからないところ、放棄区域のフェンスのすぐ傍にぼくの新しい住まいとなったマンションがある。松重が勝手に手続きをしていた即入居可の物件で安さだけが取り柄だった。ホットスポットの近くで家賃が下がっているのだという触れ込みだったが、念のためにガイガーカウンターをあてても基準値以下の数値しか検出できない。土壌汚染は再開発を中止する名目で使われているにすぎないようだ。貧乏人の懐にはありがたい。
 お茶を淹れているあいだに奏は里昴を寝かしつけ、優しく話しかけていた。里昴もそれに応じて素直に横になる。
 奏は状況をすぐに呑み込んで難しい顔になった。
「GEKKOコンピュータシステムサッカー部はもう退会届けを提出して受理されているし母体企業自体がなくなっているから、そのままの復活は考えにくいな」
「どうしたらいい? つくりなおすのか?」ぼくは訊ねた。
「まあ、下から始めるなら草サッカー同様のチームで問題ないからな。でも競技レベルを維持したいならある程度上のカテゴリーで移管先を探さないといけないし、社内の承認も必要だろう。役員会でみなを説得できるかな」
 クラブの存続があやうい状況で、非常勤のお偉いさんが居並ぶ役員会の雰囲気のなか、女子部の新設を主張できるかどうかは怪しかった。
「それしか路がないなら、やるしかない」
 ぼくも奏も押し黙った。可能性が低いことはあきらかだからだ。もともと同好会に近い位置づけで、月光運輸グループ再編の際にも、上層部に気にかけられていなかったからこうなった。全国1部から数えて3部にあたる関東女子フットボールリーグには、それほどの価値はないとみなされていることになる。沈黙がつづいたあと、口に握りこぶしを当てていた奏は何かに気づいたように突然顔を上げた。そしてソファに横たわる里昴に近づき、そっと囁きかける。
「もしよかったらだけれど、インテルクルービメイデンを紹介しようか」
 奏の提案に里昴は「いいえ。それはちょっと」と小声で答えた。「わたしにとって女子部はとても大切な場所だったんです。ひとりでそちらにご厄介になっても意味がないですし、それに」
「それに?」奏は訊いた。
「たいへん失礼なんですが、インテルクルービ……というより、オーナーさんをあまり好きではないので」
「そうか……無理を言ってすまなかった」
「いいえ。こちらこそすみません」
 かなり苦味の薄い苦笑といった感じに微笑んだ奏は、直後にかばんの中で振動するスマートフォンを気にした。
「ああごめん、引き止めちゃって」ぼくはあわてて謝った。
「うん、そろそろ行かなければならないようだ。この子はわたしが送っていこう。車までいっしょに運んでくれ」

 

 奏が里昴とともに去ってから三、四時間が経ったときだろうか。松重から「いますぐニュースサイトを見ろ」と電話がかかってきた。
 支給品のタブレットを起動する。トップニュースに「インテルクルービ、チェシュラック氏獲得濃厚」の文字が踊っていた。
《三〇日夜、フットボールリーグ1部インテルクルービの来季監督に、同日、銀星倶楽部監督を解任されたばかりのカジミエシュ・チェシュラック氏の就任が確実であることが、関係者の話でわかった。細部の調整を残して基本合意し、三一日にも正式発表の見込み》

一番上に戻る

Logo Design by Tatsuya MATSUURA Page Design by PRIPRESS CENTER