なでしこ大儀見、古巣ポツダムを訪問。実妹の永里亜紗乃「一緒にプレーできるのがすごく楽しみ」

2014年10月19日(Sun)16時33分配信


Tags: , , , , ,

20141019_ogimi
ポツダム公式ツイッターより

 ドイツ紙『メルキッシェ・アレゲマイネ』は18日、なでしこジャパンのFW大儀見優季が古巣であり実妹のFW永里亜紗乃の所属するポツダムを訪れたことを報じている。

 現在チェルシーに所属する大儀見は、先日リーグ戦の日程を終了し、休暇中(https://www.footballchannel.jp/2014/10/13/post51614/参照)。21日から始まるなでしこジャパンのカナダ遠征のメンバーに選出されたが、その前にドイツに立ち寄ったようだ。

 大儀見は、以前のように練習場にポツダムのジャージに身を包み現れた様子。サポーターや記者を一瞬、「復帰か?」と驚かせたようだが、ブレンド・シュレダー監督が「今回はただの訪問だよ」と、すぐさま明かした。そして同監督は「ユウキが来るのはいつでも歓迎だ。そして、今日は一緒に練習する」と、大儀見の訪問を喜んだ。

 大儀見自身は数日前からドイツに訪れており、「数日間楽しい日を過ごせた。母親も一緒で日本食を料理したりした」と、母と妹と共に家族団らんを楽しんだようだ。

 本人の『ツイッター』上でも写真などを公開した永里は、プライベートはもちろん「一緒に練習できる機会はめったにないので、楽しみ」と同チームで練習できることを喜んでいる。

 さらに今回は姉妹そろってなでしこジャパンへ選出(https://www.footballchannel.jp/2014/10/16/post52139/参照)。それについても「約1年ぶりに代表に戻ることができてすごく嬉しい。ユウキと一緒にプレーできるのがすごく楽しみ」と明かした。

 ポツダムは19日、アウェーでデュイスブルクと対戦。2連敗中であり、一時は得点ランク単独トップだった永里もここ数試合ノーゴール。永里は「ゴールを決めて勝つ!」と気合を入れ、「そのためにここ数試合うまくいってないコンビネーションを向上させる必要がある」と話している。

 試合前の2012-2013シーズンのブンデスリーガ得点女王の大儀見が訪問したことは、チームにとって大きな力になるに違いない。永里は、実姉の前でゴールを決め、姉妹で代表に合流したいところだ。

【了】

フットボールチャンネルfacebookはこちら→
フットボールチャンネルTwitterはこちら→

関連リンク

大儀見の流技 アスリートとして、女性として輝くために

新着記事

↑top