南米頂上決戦の舞台はアルゼンチン外に変更。チームバス襲撃事件を受けて

2018年11月28日(Wed)9時00分配信

photo Getty Images
Tags: , , , , ,

ボカ・ジュニオルス
ボカ・ジュニオルスのドクターがSNS投稿した写真【写真:インスタグラムより】

 現地時間24日に行われる予定だったコパ・リベルタドーレス決勝2ndレグのリーベル・プレート対ボカ・ジュニオルス戦は、“アルゼンチンサッカーのマフィア”とも呼ばれるバーラ・ブラバのチームバス襲撃事件によって延期された。試合会場はアルゼンチン外に変更されると、27日に英メディア『BBC』が報じている。

 バーラ・ブラバというのは、欧州で言うところのフーリガン。クラブの熱狂的な支持者である一方で、たびたび犯罪行為や、選手や監督に対する脅迫行為を行なっており問題視されていた。

 決勝戦前には約300枚のチケットを買い占めており、並外れた価格で取引するなど悪影響をもたらしている。決勝2ndレグの1日前にバーラ・ブラバのリーダーの自宅に警察が家宅捜索に入り、20万7285ポンド(約3000万円)と約300枚のチケットが没収された。その復讐のため、チームバス襲撃事件を引き起こしたとされている。

 リーベル・プレートとボカ・ジュニオルスは共にアルゼンチンの首都ブエノスアイレスに本拠地を置くチームで、公開練習でスタジアムが超満員になるほどの大きな盛り上がりを見せていた。

 しかし、同メディアによると、試合会場はアルゼンチン外になるとのこと。パラグアイ、ブラジル、イタリアの3ヶ国が候補に挙がっているようだ。開催日時は決まっていないが、12月8日または9日になると予想されている。

【了】

新着記事

↑top