本田所属メルボルン、広島のロッカールーム清掃。「またお会いしましょう!」

2019年03月12日(Tue)23時21分配信

photo Twitter
Tags: , , , , , , ,

メルボルン
メルボルン・ビクトリーが清掃したロッカールーム【写真:Twitterより】

 AFCチャンピオンズリーグ(ACL)グループリーグF組第2節の試合が12日に行われ、サンフレッチェ広島がオーストラリアのメルボルン・ビクトリーに2-1の勝利を収めた。メルボルンは試合後のロッカールームを清掃し、メッセージを残してスタジアムを後にしたようだ。

 メルボルンに所属する本田圭佑の“日本凱旋試合”となった一戦は前半3分に東峻希のゴールで広島が先制。後半には本田がゴールを決めて1-1の同点としたが、終盤に渡大生のゴールで勝ち越した広島が今季ACL初勝利を挙げた。

 広島のアンバサダーを務める森崎浩司氏は試合後に、会場となった広島広域公園陸上競技場のロッカールームの様子とみられる写真をツイッターで投稿。ゴミひとつなく綺麗に片付けられた部屋には、ホワイトボードに感謝のメッセージも残されていた。

「サンフレッチェの皆さん。とてもすばらしいおもてなし、ありがとうございました! また、メルボルンでお会いしましょう!」という日本語でのメッセージは、本田が書いたものなのかもしれない。これに対して森崎氏も「メルボルンビクトリーは素晴らしいチームです。また会いましょう」とメッセージを返している。

 昨年のロシアワールドカップでは日本代表が試合後にロッカールームを清掃し、世界的に称賛を集めた。世界各国の代表チームやクラブチームにも同様の習慣が広がりを見せていたが、メルボルンもそれに倣ったようだ。

【了】

新着記事

FChan TV

↑top