アーセナル、伝説の無敗優勝イレブン。アンリ、ピレス…史上最も強く美しく、全員が英雄だった【編集部フォーカス】

2019年04月10日(Wed)10時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , ,

DF

190409_2_getty
左からアシュリー・コール、コロ・トゥーレ、ソル・キャンベル、ローレン・エタメ【写真:Getty Images】

DF:アシュリー・コール(イングランド代表)
生年月日:1980年12月20日(当時23歳)
2003/04リーグ戦成績:32試合出場0得点

 爆発的なスピードで左サイドを疾走するアシュリー・コールは、当時のアーセナルにおいて大きな武器だった。守備面では未熟な部分もあったが、それを補って余りある攻撃力発揮している。世界最高の左サイドバックとの評価を受けるなど、その存在感は際立っていた。

DF:コロ・トゥーレ(コートジボワール代表)
生年月日:1981年3月19日(当時23歳)
2003/04リーグ戦成績:37試合出場1得点

 コートジボワール史上最高クラスのCBは、アーセナルでトップレベルへの階段を上り始めた。10代で母国からロンドンに渡ると、アーセナルのトップチームに昇格。サイドバックやボランチでの起用が多かったが、2003/04シーズンはセンターバックで37試合に出場。ソル・キャンベルとのコンビで相手をねじ伏せた。

DF:ソル・キャンベル(イングランド代表)
生年月日:1974年9月18日(当時29歳)
2003/04リーグ戦成績:35試合出場1得点

 ワールドカップやEUROでイングランド代表のディフェンスリーダーを務めたソル・キャンベル。ライバルのトッテナムからアーセナルに移籍する際は批判も浴びたが、ガナーズの一員として大車輪の活躍を見せることに。スピードこそないが、抜群の身体能力で相手を寄せつけなかった。

DF:ローレン・エタメ(カメルーン代表)
生年月日:1977年1月19日(当時27歳)
2003/04リーグ戦成績:32試合出場0得点

 プレーの平均値が高く好守に穴を開けない、チームにいて一人はいてほしいタイプがローレン・エタメだ。逆サイドのアシュリー・コールほど目立ってはいないが、気の利いたプレーで味方を輝かせた。2003/04シーズンも32試合に出場し、無敗優勝に貢献した。

【次ページ】MF

1 2 3 4 5

新着記事

↑top