ポルトガル代表メンバーって誰がいるの? 現在の主力は? 新旧世代融合、ネーションズリーグ制覇のスター軍団【編集部フォーカス】

2019年09月19日(Thu)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , ,

ポルトガル代表の現在と未来

クリスティアーノ・ロナウド ジョアン・フェリックス
FWクリスティアーノ・ロナウド(左)とFWジョアン・フェリックス(右)【写真:Getty Images】

クリスティアーノ・ロナウド
ポジション:FW
生年月日:1985年2月5日(34歳)
所属クラブ:ユベントス
代表成績:160試合出場/93得点

 言わずと知れた生ける伝説。ポルトガル代表として挑んだ直近のリトアニア戦では4得点の大爆発で、国際大会の欧州予選における通算得点記録を「25」に塗り替えて、また1つ新たな歴代No.1の称号を手にした。CLを5度制覇し、リーグ優勝は数えられないほど、代表でも欧州の頂点を極め、バロンドールも5回受賞した。それでも勝利やゴールへの意欲は尽きず、34歳でも衰え知らずのパフォーマンスを発揮し続けている。

ジョアン・フェリックス
ポジション:FW
生年月日:1999年11月10日(19歳)
所属クラブ:アトレティコ・マドリー
代表成績:3試合出場/0得点

 ポルトガル代表の次世代を担うであろう大器。まだ体の線は細いが、極上のクイックネスとテクニックを駆使した突破は世界トップクラスだ。今夏はアトレティコ・マドリーにクラブ史上最高額となる移籍金1億2600万ユーロ(約150億円)で移籍を果たし、バルセロナへ去ったアントワーヌ・グリーズマンが着けていた背番号7を与えられた。驚異的な個人技を見る者の度肝を抜く一方、アトレティコではまだ組織への順応に苦しんでいる様子。だが、9番と10番をミックスした独特のプレースタイルを持つ極上の才能がスペインで輝くのも時間の問題だろう。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top