えっ! 彼も…? レアル・マドリードが手放した5人の選手。移籍先でタイトルを獲得したビッグネーム達

2020年02月14日(Fri)7時00分配信

シリーズ:編集部フォーカス
text by 編集部 photo Getty Images
Tags: , , , , , , , , , , , , , , , , ,

高いキック精度を誇るDF

マルコス・アロンソ
【写真:Getty Images】

DF:マルコス・アロンソ(スペイン代表/チェルシー)
生年月日:1990年12月28日(29歳)
市場価格:2500万ユーロ(約29億8000万円)
レアル・マドリー在籍時成績:1試合出場/0得点0アシスト


【今シーズンのレアル・マドリーはDAZNで!
いつでもどこでも簡単視聴。1ヶ月無料お試し実施中】


 元スペイン代表のマルコス・アロンソ・イマスを祖父に、同じくマルコス・アロンソ・ペーニャを父に持つレフティー。レアル・マドリーの下部組織出身で、2008年にカスティージャへ昇格、2009/10シーズンのリーグ戦、ラシン・サンタンデール戦ではトップチームデビューも果たしている。しかし、その後はトップチームで定位置を確保するには至らず。2010年夏にボルトン・ワンダラーズへの移籍が決定している。

 2013/14シーズンからはフィオレンティーナに移籍。加入1年目は出番がなかったが、サンダーランドへのレンタル移籍を経て復帰した2014/15シーズンではリーグ戦22試合に出場している。そして、2015/16シーズンにはリーグ戦31試合に出場するなど主力の座を確保し、DFながら3得点4アシストの成績を収めている。

 その活躍が認められ、2016/17シーズンよりチェルシーへ移籍。アントニオ・コンテ監督の下、ウィングバックとして絶大な存在感を放った同選手は、新天地1年目ながらチームのプレミアリーグ制覇に大きく貢献している。その後も、2017/18シーズンはDFながらリーグ戦で7得点、昨季はヨーロッパリーグ(EL)制覇に貢献するなど、チェルシーで印象的なパフォーマンスを見せ続けている。

【次ページ】エル・ピピータ

1 2 3 4 5

新着記事

↑top