日本の至宝

久保建英
【写真:Getty Images】



MF:久保建英(日本代表/ヘタフェ)
生年月日:2001年6月4日
バルセロナ在籍時成績:公式戦0試合出場/0得点0アシスト

 2011年、10歳の時にバルセロナの下部組織に入団。アレビンCでプレーを始めた久保建英は、2013年に地中海カップU-12トーナメントで大会得点王&MVPを獲得するなど、異国の地でもその能力の高さを示した。2014年にはインファンティルAでプレー。着実に成長を果たしていた。しかし2014年4月、バルセロナが18歳未満の外国人選手獲得・登録に違反したことにより久保の公式戦出場停止処分が続き、レフティーは2015年に日本へ帰国することを決断。トップチーム昇格を果たす夢は、まさかの形で途絶えた。

 日本へ復帰を果たした久保は、2017年にFC東京とプロ契約を結び、その後同チームや横浜F・マリノスでプレー。まだ10代の若者はJリーグの舞台でも持っていた才能を存分に発揮し、日本中を大いに沸かせた。そして、昨年6月にバルセロナの永遠のライバルであるレアル・マドリーへ移籍。プレシーズンツアーのメンバーにも帯同し、トップチームでのプレーも経験。19/20シーズンはレンタルという形で過去にMF家長昭博なども在籍したマジョルカに加入。主力としてプレーした。

 20/21シーズンは当初、ビジャレアルにレンタルで加入するも出場機会を得られず、ヘタフェに再度レンタル移籍。それでも苦境は変わらず出場機会を得られない状況が続いている。

【了】

1 2 3 4 5

新着記事

↑top