日韓W杯

0501daihyo2002
ロシア戦の先発メンバー

監督:フィリップ・トルシエ
戦績:ベスト16

背番号10:中山雅史(ジュビロ磐田)
生年月日:1967年9月23日(34歳)
個人成績:1試合出場/0得点0アシスト

 日本代表のエースとして「ドーハの悲劇」と「ジョホールバルの歓喜」を経験した中山雅史は、背番号9を背負って出場したフランス大会で日本代表のワールドカップ初得点を決めた。所属するジュビロ磐田では1998年と2000年に得点王となり、30代を迎えても衰えは見せず。しかし、ワールドカップイヤーの02年は不調が続き、本大会直前の欧州遠征ではメンバーから外れてしまった。

 2大会連続の出場は絶望的と思われていた中で、中山は23人のメンバーに滑り込んだ。名波に代わって日本代表の主力に成長していた中村俊輔が落選したこともあり、中山が10番を背負うことになった。

 3試合すべてに先発したフランス大会とは対照的に、中山に与えられたのは控えという立場だった。それでも中山は中田英寿や小野伸二ら20代前半が多いメンバーをピッチ内外で盛り立て、自身に課せられた役割を全うした。

 中山や秋田豊らベテランのサポートも実を結び、日本代表は自国開催でのしかかるプレッシャーを跳ね返して躍進した。鈴木隆行の「つま先ゴール」と稲本潤一のゴールでベルギーを相手にワールドカップ初の勝ち点をもぎ取ると、続くロシア戦でも稲本にゴールが生まれる。すると、中山の出番はこの試合の72分に回ってきた。中山はイエローカードをもらいながらも前線から激しい守備でチームに貢献した。日本代表は虎の子の1点を守り抜き、ワールドカップ初勝利をゲット。中山は4年越しの初勝利をピッチで迎えることができた。

 日本代表はチュニジアに2-0で勝利してノックアウトステージに進出したが、ラウンド16ではトルコに敗れてベスト16で敗退。中山の出場はロシア戦の18分のみだった。それでも、控えという立場からチームを支えた34歳の背番号10は、歴史を塗り替えた日本代表を影から支えた。

●ロシア戦の先発メンバー

▽GK
楢崎正剛

▽DF
松田直樹
宮本恒靖
中田浩二

▽MF
明神智和
稲本潤一
戸田和幸
小野伸二
中田英寿

▽FW
鈴木隆行
柳沢敦


【次ページ】ドイツW杯

1 2 3 4 5 6

新着記事

↑top