フランスW杯(1998)〜日韓W杯(2002)

ビアホフ ノイヴィル
【写真:Getty Images】

オリバー・ビアホフ
生年月日:1968年5月1日
個人成績(1998):5試合出場/3得点1アシスト
個人成績(2002):5試合出場/1得点0アシスト

 ドイツよりもイタリアでキャリアを築いた巨漢ストライカー。ウディネーゼ時代の1996年にドイツ代表デビューを果たし、EURO1996にも出場して優勝の立役者となった。そして1998年のフランスワールドカップでは、クリンスマンとコンビを組んでグループリーグ第2戦から3試合連続ゴールを記録し、ドイツ代表の準々決勝進出に貢献した。

 ワールドカップの直後、1998/99シーズンにはアルベルト・ザッケローニ監督とともにミランへと移籍し、20得点の大爆発でセリエA優勝も経験している。2002年の日韓大会ではジョーカー起用がメインだったが、決勝のブラジル代表戦にも途中出場してワールドカップ準優勝メンバーの1人となった。

 2003年に現役引退。キエーヴォ・ヴェローナの一員として来日し、ベガルタ仙台との親善試合がビアホフの引退試合となった。現在はドイツ代表でチームマネージャーを務めつつ、ドイツサッカー連盟の中枢で育成などにも影響力を発揮する重鎮となった。

オリバー・ノイヴィル
生年月日:1973年5月1日
個人成績(2002):6試合出場/1得点1アシスト
個人成績(2006):7試合出場/1得点1アシスト

 レヴァークーゼンやボルシアMGではレジェンド的な存在だが、ドイツ代表では通算10得点と成績は控えめ。それでも重要な場面でゴールを決めてきた、記憶に残るストライカーだ。

 2002年の日韓ワールドカップではミロスラフ・クローゼとコンビを組み、ドイツ代表の決勝進出に貢献。特にラウンド16のパラグアイ代表戦では後半終了間際に決勝ゴールを挙げ、チームを救った。4年後のドイツワールドカップでは若手の台頭によりジョーカーとして起用され、3位決定戦まで全7試合に途中出場した。

 2010年にアルミニア・ビーレフェルトで現役を引退。現在は古巣ボルシアMGに戻り、同クラブU-19チームのアシスタントコーチを務めている。

●1998年フランスW杯準々決勝・クロアチア戦の先発メンバー

▽GK
アンドレアス・ケプケ

▽DF
クリスティアン・ヴェアンス
ローター・マテウス
ユルゲン・コーラー

▽MF
ヨルグ・ハインリヒ
ディートマー・ハマン
イェンス・イェレミース
ミヒャエル・タルナト
トーマス・ヘスラー

▽FW
ユルゲン・クリンスマン
オリバー・ビアホフ

1 2 3 4 5

新着記事

↑top